腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

動かなくなった、スカルプチャー5091/1A

パテックフィリップの超個性的な2大巨頭といえば、スカルプチャーネプチューンだといえますが、どちらも“ステンレス、ブレスレット、自動巻”という人気要素を備えるにも関わらず、あまり高くないという傾向があります。

とはいえ、このスカルプチャーについては、2017年からそういったイメージではなくなっていたといえます。

なぜなら、2017年3月に約145万円という水準となったからなのですが、それは2016年4月と比べて27万円ほどの上昇だったのです。

さらに、その1年後の2018年3月時点でも上昇傾向は続いており、2017年3月水準よりさらに23万円高くなった様子となっていました。

それまでスカルプチャーは値動きしないという印象だったのが、2016年⇒2017年⇒2018年という期間では、1年単位で20万円以上の上昇ということとなっていたのです。

その結果、スカルプチャー5091/1Aは2018年3月時点で160万円台という水準にまで達し、当時のアクアノートに迫るほどの勢いだったともいえます。

しかし、そんなスカルプチャー5091/1Aはそれ以降、あまり大きな動きは見られなくなってしまいました。

では、現在5091/1Aはどういった水準なのかというと、約158万円という様子。

これは2018年3月と比較して10万円ほどの値下がりですが、この2年間でそれほど大きく変わっていないという印象になります。

パテックフィリップスカルプチャー5091/1Aの価格比較

時計名 状態 2018年3月の安値(楽天) 期間 2020年3月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
パテックフィリップ
スカルプチャー
5091/1A
中古 ¥1,695,600 2年 ¥1,588,000 -107,600 93.65%
動かなくなった、スカルプチャー509…の次ページを見る>>
1 2
- PR -