腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

2020年の様子、ラジオミールPAM00062

ラジオミールが高級シリーズだった時代は限定モデルが多かったですが、このPAM00062はレギュラー品としてラインナップされていました。

このモデルは、ホワイトゴールドラジオミールですが、ラジオミールに限らずWGは、パネライでの採用例が少ない傾向があります。

そういった意味では、「WGだから希少性がある」と思われるところですが、この62番の魅力において、そのような文脈は弱いといえます。

それはどういうことかというと、もっとインパクトのある魅力があるということです。

まず、62番の魅力として大きいのは、先のように「高級時代のラジオミール」いう点。

2005年以降、ラジオミールルミノールと特に変わらない構成となりましたが、この62番の時代は超高級シリーズ。また、ドレス系という役割も担っていました。

ですから、62番は単に「豪華なバージョン」、「レアなWGバージョン」という文脈ではなく、WGモデルとしてサラッとデビューしたという生い立ちなのです。

ちなみに、62番といえば、RGの103番と兄弟的なモデルですが、実は両者のデビューは同じ年ではありません。

62番が2000年デビューなのに対し、103番は2001年デビュー。また、62番は2001年、103番は2002年までのラインナップとなっています。

さらに、これら2つには、前期後期があるのですが、ムーブメントのローターが“銀”“金”という差がそれを示しています。

そのバリエーションは、62番にも103番にもあるため、両者のラインナップが重なる2001年のどこかのタイミングで、ローターが“金”になったのだと思われます。

さて、そのような兄弟的モデルである62番と103番ですが、ここ数年は62番のほうが出現数が少なく、レアという印象が強くなっています。

とはいえ、103番も数が多いというわけではなく、両者は「いつも売られているわけではない」という点が共通しています。

そのため、レア感が強いといった印象を受けるわけですが、相場はそれほど評価されているわけではありません。

PAM00062はこの1年でやや上昇といったところですが、その変動額は4万円。また、現在水準は2016年2月よりも安いという状況でもあります。

オフィチーネパネライラジオミールPAM00062の価格比較

時計名 状態 2019年4月の安値 期間 2020年4月の安値 変動した額 残存価額
オフィチーネパネライ
ラジオミール
PAM00062
中古 ¥1,180,000 1年 ¥1,225,550 45,550 103.86%
2020年の様子、ラジオミールPAM…の次ページを見る>>
1 2
- PR -