腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」
2020年5月26日更新

2016年並に下落、シャネル J12 H0684

シャネルの腕時計は、古くから存在していましたが、2000年に登場したJ12からその印象がガラッと変わったといえます。

J12より前の腕時計は、女性用のファッションアイテムといった感じが強かったのに対し、J12はまさに本格的な腕時計といった感じ。また、シャネル初の男性用商品といった側面もあります。

ですから、本気で作ったという気合感と、シャネルが男性用を出したという意外性から、デビュー時にはかなりな話題となったわけです。

ただ、そういった話題は、デビュー時には強くとも、その後続くとは限りません。

しかし、J12は「これまでなかった」という価値観を打ち出したため、ファッション寄りブランドとしては、初めて「高級腕時計」として認められたたといえるでしょう。

特に2003年に登場したホワイトセラミックは、それまでなかった「白い高級腕時計」といった価値を提案したため、多くの時計ファンにとってコレクションに加えたいモデルというイメージとなったこといえます。

そのような経緯がJ12にはあるため、中古相場でも値動きが比較的目立つ印象で、相場全体が高いときには高く、安いときには安いとった印象があったわけです。

しかし、そんなJ12の相場の傾向は、以前とは変わったと思います。

それはどういったことなのかというと、相場全体の動きと連動しないような値動きになったと感じるのです。

具体的にはどういうことかというと、時期によって安くなったり高くなったりするのですが、その動きが他の人気モデルの傾向と異なるのです。

例えば、ロレックスの人気モデルが目立った上昇をしている時期に値下がりしたり、その逆だったりといった具合なのですが、このような動きは2017年頃から顕著になっているといえます。

ただ、今回お伝えするブラックセラミックラバーのH0684はそういった印象が弱く、他の腕時計の値動きトレンドに近い傾向があるともいえます。

実際、2016年夏から2017年年頭までは15万円前後だったのに対し、2019年5月には20万円以上という水準。

2016年夏頃といえば、値下がりトレンドだった時代。そして、2019年上半期といえば、目立って値上がりしている時期だったわけですから、ほぼ一致している傾向があるといえます。

CHANEL シャネル H0684 J12 33? ブラックセラミック×ラバー QZ 【大阪心斎橋店】【中古】

シャネルJ12H0684の価格比較

時計名 状態 2019年5月の安値 期間 2020年5月の安値 変動した額 残存価額
シャネル
J12
H0684
中古 ¥216,000 1年 ¥151,800 -64,200 70.28%
2016年並に下落、シャネル J12…の次ページを見る>>
1 2
- PR -