腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

やや下落、スピードマスタームーンフェイズ3576.50

スピードマスタームーンフェイズといえば、ヨーロッパ限定の3575.30が評価されているという印象がありますが、実はそれよりも高いモデルが存在します。

それがこの3576.50なのですが、2019年から3575.30よりも高い価格帯に位置しています。

とはいえ、この3576.50、2019年頃まではあまり評価されている印象がありませんでした。

2017年の段階では、3575.30など2000年にデビューした“WGベゼル+ブロードアロー針”のムーンフェイズの評価が加速していた傾向がありましたが、それに対して3576.50はそこまで目立った変化を感じなかったのです。

また、2018年からは3575.30が目立って評価されたため、両者の価格帯は更に広がったといえます。

同じムーンフェイズでも、WGベゼルの3575.30「上級なスピードマスターというキャラクターだった一方、この3576.50「ムーンウォッチにムーンフェイズを追加した」ような印象があります。

そのため、2017年においてWGベゼル世代が評価されていたのは違和感がなかったといえます。

ではなぜ、2019年になってこの3576.50が急に評価されてのでしょう。

その答えとして考えられるのは、この3576.50と345.0809の関係性だと思います。

345.0809は1985年に登場した、スピードマスター初のムーンフェイズモデルですが、今となってはビンテージなキャラクターを持つ1本だといえます。2017年の段階でもすでに評価されており、2019年は180万円程度、現在は150万円台といった評価となっています。

2019年と現在では、345.0809の評価は変動しているものの、いずれも価格帯は100万円以上という水準であるわけですから、評価の高いスピードマスターだといえるでしょう。

そして、この3576.50は345.0809の復刻版といえる存在。オメガの復刻版といえば、アラスカプロジェクトなどもそうですが、近年評価される傾向があります。

実はアラスカプロジェクトが評価されたのも2018年12月のことで、その際2016年7月に対して70万円という上昇額となっていました。

ですから、どうやらこの時期頃から、オメガの尖った復刻モデルが評価される傾向にあるようで、3576.50の評価が高まったのも、その例の1つだといえるわけです。

3576.50は、2017年7月の段階で約33万円だったのが、2019年6月には約54万円となっています。

ヨーロッパ限定の3575.30もそうですが、評価されるときは一気に価格帯が上がるという印象です。

さてそれから1年経った今、3575.30はどうなっているのでしょう。

その答えは、「やや下落した」ということになるのですが、「2017年と2019年、どちらの価格帯に近いか」というと、2019年となるでしょう。

オメガスピードマスタームーンフェイズ3576.50の価格比較

時計名 状態 2019年6月の安値 期間 2020年6月の安値 変動した額 残存価額
オメガ
スピードマスター
ムーンフェイズ
3576.50
中古 ¥545,750 1年 ¥495,000 -50,750 90.70%
やや下落、スピードマスタームーンフェ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -