腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

100万円以上に返り咲いた、GMTマスター16700青赤ベゼル

2020年4月に下落したものの、それから2ヶ月後の6月に回復するといったモデルが多い印象となっています。

ただ、それらの多くは現行モデルという印象で、旧世代となると6月にそのような動きをしているモデルがそれほどあるように感じません。

そういったことに対する大きな理由は、需要と供給のバランスだといえます。旧世代のほうが新世代よりもマニア向けであるために、回復の立ち上がりが遅いのは仕方がない部分もあるでしょう。

4月の下落トレンドは、新型コロナによる影響だったといえますが、なぜそれが6月に回復したかというと、緊急事態宣言の解除が大きいといえます。

緊急事態宣言が開始されたのも4月ですから、この下落トレンドは新型コロナによるものというよりも、「緊急事態宣言による影響」といったほうが正しいかもしれません。

そのような社会情勢による変化の場合、下落局面では旧世代など、決してマス向けでないモデルも影響を受けやすい反面、回復となると影響が現れるのが遅く、回復するとしても6月よりももっと後となってしまうわけです。

さて、そのような事情があるなかで、このGMTマスター16700に関しては例外だといえる様子となっています。

なぜなら、16700青赤ベゼルは6月の今、すでに10万円以上の回復となっているからで、現在水準はピーク水準並となっているのです。

ロレックスGMTマスター青赤ベゼル16700の価格比較

時計名 状態 2020年4月の安値 期間 2020年6月の安値 変動した額 残存価額
ロレックス
GMTマスター
青赤ベゼル
16700
中古 ¥958,100 0年 ¥1,060,000 101,900 110.64%
100万円以上に返り咲いた、GMTマ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -