腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

スペシャルのオンパレード、スピードマスター50周年記念311.33.42.50.01.001

オメガには様々な限定モデルがありますが、この限定スピードマスターはその中でも特別な存在だといえるでしょう。

なぜなら、これはスピードマスター誕生50周年を記念して出されたからなのですが、その内容からもオメガの気合が伝わってきます。

50周年記念モデルといっても、いくつものモデルが出されたため、各モデルを把握する必要があります。

まず311.30.42.30.01.001ですが、これはムーンウォッチの文字盤を特別にしたといったところで、その文字盤には「シーホース」があります。

そして、その他の50周年記念モデルは高級要素が強いのですが、なぜならエナメル文字盤が与えられているからです。

50周年記念のエナメル文字盤には、レッド、イエロー、ホワイトゴールドのモデルが少数用意されたのですが、それらは各57本の限定だった模様。

そして、エナメル文字盤にはきちんとSSも用意されており、その限定数は1957本とK18よりも多い数が用意されていました。

それがこの311.33.42.50.01.001なのですが、一見すると「普通のムーンウォッチ」に見えますが、実はエナメル文字盤というのが、グッとくるポイントでしょう。

けれども、これには更なる魅力が存在。それこそが、搭載されるムーブメントなのですが、これにはフレデリックピゲ製ムーブメントが与えられているのです。

しかもこれ、オメガの売りであるコーアクシャル仕様となっており、それでいて手巻きクロノグラフという内容なのです。

ですから、ムーンウォッチ伝統の手巻きかつコーアクシャル仕様、さらにフレデリックピゲベースの手巻きという特別感がこの311.33.42.50.01.001にはあるわけで、エナメル文字盤という特別さ、及び50周年記念モデルということとともに「スペシャル」のオンパレードといった内容であるのです。

ちなみに、その他、通常モデルとの差として、防水性能があります。通常のムーンウォッチは50m防水ですが、この50周年記念モデルはなんと100m防水。見た目はそっくりでも、地味に防水性能が強化されているのが面白いと感じます。

さて、限定モデルといえば、あまり評価されない傾向がありますが、オメガのそれは例外。近年かなりな評価となっているモデルが多々あるのです。

例えば、スピードマスターのスヌーピーやアラスカプロジェクトがそれに該当するのですが、いずれにしても尖ったモデルが評価されるという傾向があるでしょう。

そうであるならば、この311.33.42.50.01.001も高い評価となっていても不思議でないのですが、意外や意外、現在水準は2017年8月水準と大きく変わらないのです。

オメガ スピードマスター ムーンウォッチ アニバーサリーリミテッド 50周年記念 1957本限定 311.33.42.50.01.001 ブラック メンズ OMEGA (中古)

オメガスピードマスター311.33.42.50.01.001の価格比較

時計名 状態 2017年8月の安値 期間 2020年7月の安値 変動した額 残存価額
オメガ
スピードマスター
311.33.42.50.01.001
中古 ¥691,500 2年 ¥698,000 6,500 100.94%
スペシャルのオンパレード、スピードマ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -