腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

着実に動いている凄さ、スピードマスター3510.50

スピードマスターには様々な種類がありますが、この「リデュースド」と呼ばれる3510.50はシリーズ最廉価を担うモデルです。

搭載されるムーブメントはETA2892A2で、いわゆる「2階建てムーブメント」と呼ばれるタイプのクロノグラフ。同じ「AUTOMATIC」表記でも、デイトやデイデイトが7750を使っているわけですから、明らかに差がつけられているといえます。

ちなみに、2000年前後という時代において、オメガのムーブメントは以下のような序列となっていました。

ETA2892<7750<レマニア<フレデリックピゲ

ムーンウォッチのレマニアを除くと、自動巻がほぼ全てだったわけですが、その自動巻に序列があったというのが、時計マニア以外には分かりづらかったといえます。

一般目線ですと、同じ「AUTOMATIC」表記ならば、より安く、よりムーンウォッチに近い見た目のこの3510.50が「お買い得」と感じるわけで、実際、多くの方にとって高級腕時計の入門モデルとして選ばれたといえるのではないでしょうか。

そういったこともあり、3510.50は中古市場において数が多く、キャラクター的にも全く「レア」といえない存在だといえます。

そのため、上昇といった値動きのハードルは非常に高いといえ、実際あまり値動きしていないという印象があるわけです。

しかしながら、この3510.50をきちんと見ていくと、実は優秀という側面があることが判明。

それはどういうことなのかというと、2年といったそれなりの長期間で見た場合なのですが、これまで着実に値上がりしているのです。

実際、記事でもこれまで値下がりをお伝えしたことがなく、過去記事はいずれも「上昇」という様子だったわけです。

そして、今回もまた値上がりしている様子なのですが、この時計を記事でお伝えするのは2年ぶり。「目立った値動きしない」という印象が、筆者としてもあったのですが、改めて自分で書いた過去記事を見返すと、2年ぐらいのスパンで着実に値上がりしているということに驚いたのです。

さて、現在の様子はどうなっているかというと、約15万円という水準なのですが、これは2018年5月と比較してちょうど2万円の上昇といった様子。値動き額自体は特にすごいといったところではないのですが、これだけオーソドックスなモデルであるにも関わらず着実に動いているというのが凄いと感じます。

OMEGA オメガ スピードマスター 3510.50 メンズ 自動巻 稼働品 中古美品

オメガスピードマスター3510.50の価格比較

時計名 状態 2018年5月の安値 期間 2020年7月の安値 変動した額 残存価額
オメガ
スピードマスター
3510.50
中古 ¥134,000 2年 ¥154,000 20,000 114.93%
着実に動いている凄さ、スピードマスタ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -