腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

ついにデビュー年の新品実勢価格よりも高い状況、エアキング116900

今年1月の記事で「異変が起こっている」と表現したエアキング116900

なぜそういった表現となったかというと、その際116900が過去最高値といった状況だったからなのですが、2020年1月という時期にそのような動きをするモデルは多くなかったのです。

また116900は、それまでそれほど目立たない値動きをしていたため、そのような変化はインパクトがあったわけです。

エアキング116900がデビューしたのは2016年ですが、デビューの注目度は凄まじく、「エアキング」というそれまでのキャラクターを一変させしまったかのような登場だったといえます。

エアキングはそれまで、エントリーを担う役割を持っており、ロレックスとしては最廉価モデルといった印象がありました。

当然、キャラクターはスポーツ系ではありません。文字盤バリエーションも多く、プレミア価格といった現象とは無縁ともいえる存在感だったといえます。

それが2016年、エアキングはなんとスポーツモデルへと変化。文字盤色も1つのみとなったのです。なんだか、都会に出ていった子が垢抜けて故郷に帰ってきたようで、だれもが無視できないという状況だったように感じます。

しかしながら、そのような様子は長く続かなかったのです。

デビュー年に高い注目度となった116900ですが、翌年2017年の中古は値下がり。全く同じ時期にデビューしたデイトナ116500LNは、『2016年の新品実勢価格よりも2017年の中古ボトム価格のほうが高い』という様子となっていた一方、このエアキング116900はそういったことにならなかったわけです。

そして、その後、2018年にはさらに値下がり。3月の中古水準は約58万円となっていました。

2019年3月には約62万円に持ち直したものの、それほど大きな値上がりといった感覚もなく、116900の印象はデビュー時とはうって変わって地味になっていたといえます。

ですから、デビュー翌年の2017年から2019年頃まで116900は、それほど派手な動きをしないといった様子となっており、話題性も大きく無い存在感だったといえます。

そして、2020年1月、そんな116900に異変が起こります。

それこそが、冒頭でお伝えした過去最高値といった状況なのですが、このような値動きは116900としては類稀な値動きだったわけです。

ただ、その際の水準は、2016年11月の新品実勢価格を超えておらず、あくまで「中古として過去最高値レベル」といった状況にとどまっていたといえます。

さて、それから数ヶ月が経った今、やはりエアキング116900の「異変」は無視しなくて良かったといえる状況となっています。

なぜかというと、この116900約68万円という中古水準となっているわけなのですが、これは過去最高値を更新したと同時に、2016年11月の新品実勢価格(安い順の3社平均値)を超えているのです。

ロレックスエアキング116900の価格比較

時計名 状態 2020年1月の安値 期間 2020年8月の安値 変動した額 残存価額
ロレックス
エアキング
116900
中古 ¥669,200 0年 ¥687,500 18,300 102.73%
ついにデビュー年の新品実勢価格よりも…の次ページを見る>>
1 2
- PR -