腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

過去の値動きを凌駕した、ヨットマスター116655

2015年にロレックス初のラバーベルトモデルとして登場したヨットマスター116655

ラバーベルトに合わせるように、ベゼル部分も黒色セラミックとなっているのが特徴的です。

このような色合いは、1998年にデビューしたブルガリアルミニウムが元祖といえますが、そういった斬新な色合いをアルミニウムの17年後にロレックスが採用するといったことは、2000年前後といった時代には想像もできなかったことだといえます。

それは、2015年のデビューまででも同様だったといえたため、登場時は大変な注目度となっていたように感じます。

ただ、この時計、注目度は高いものの、K18の高級モデルだけあって実勢価格は高め。その結果、多くの方々が気軽に手を出すといった需要とはならず、長らくデビュー年が一番高かったという状況となっていたのです。

また、2016年は夏頃から値下がりトレンドが発生したために、2015年11月⇒2016年9月の値動きは、新品実勢価格同士の比較でマイナス57万円程度といったところだったのです。

そしてその後も116655はそれほど目立った動きを見せず、2018年12月⇒2019年12月の1年間での値動きも約15万円の上昇(中古同士の比較)といった水準にとどまっていました。

ましてその動きでも、それまでの116655の様子からすると優秀と表現できたわけで、他のロレックス人気モデルと比べると明らかに地味な動きだったといえます。

さて、そんな116655ですが、今なんとインパクトのある出来事が発生。

それこそが、過去最高値更新といった様子なのですが、どうなっているかというと、「2015年11月の新品実勢価格よりも、2020年8月現在の中古ボトム価格のほうが高い」となっているのです。

ROLEX ロレックス ヨットマスター 40 116655 ランダム品番 中古 377173

ロレックスヨットマスター116655の価格比較

時計名 状態 2019年12月の安値 期間 2020年8月の安値 変動した額 残存価額
ロレックス
ヨットマスター
116655
中古 ¥2,500,000 0年 ¥2,970,000 470,000 118.80%
過去の値動きを凌駕した、ヨットマスタ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -