腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

上昇している、スカイドゥエラー326934青文字盤

2017年にデビューしたスカイドゥエラー326934。末尾が「4」は、WGxSSコンビを示すのですが、他のコンビモデルとは異なり、WGはベゼル部分のみがK18となります。

そのため、実勢価格は同じコンビでもYGxSSよりも安めで、そのキャラクターは「事実上のSSモデル」ともいえるでしょう。

また、末尾「4」の仕様はスポーツモデルでは存在せず、基本的にデイトジャストなどに採用される傾向が以前からあります。

ちなみに、ヨットマスターには「ロレジウム」がありますが、そちらはPtxSSコンビ。従来最高級モデルだったヨットマスターのイメージを踏襲したカジュアルなモデルとして、ロレジウムは「特別感のあるSS」といった印象を与えることに成功していたと感じます。

ですから、このスカイドゥエラーという高級モデルにも、SSモデルの役割を担う存在には、プラチナなど「他とは異なる要素」が与えれると思ったのですが、デイトジャストなどと同じ内容で326934が登場したのは意外だったわけです。

また、デイトジャストと差別化がないといった印象は、文字盤色のバリエーションにもあるといえます。このスカイドゥエラー326934には黒、白、青文字盤が用意されていますが、まさにこういった色合いはデイトジャストや5桁世代のエアキングと同じ印象。

そういった意味では、この326934という存在は、スカイドゥエラーに対してあった「特別な印象」をややぼやけさせるようにも思えてしまい、人気が出ない可能性もあったと思います。

しかし、実際は違いました。

326934は、スカイドゥエラーの中で一番というぐらいの人気度となっており、中でも青文字盤が大人気という様子。そのキャラクターは、まさに「現代の大人気ロレックス」といったところで、まさにスターのような存在感となっているのです。

そういったことから、2019年12月の段階で「デビュー年の新品実勢価格よりも、その後の中古ボトム価格のほうが高い」という様子となっていました。

2017年10月の新品実勢価格は230万円だったのに対し、2019年12月の中古ボトム価格は約248万円。実に18万円程度もの上昇だったのです。

そして、その勢いは未だ衰えていない様子。現在、326934青文字盤のボトム価格は約257万円という水準となっており、2019年12月よりも9万円ほどの上昇となっています。

ロレックス スカイドゥエラー 326934 中古 メンズ(男性用) 送料無料 腕時計

ロレックススカイドゥエラー青文字盤326934の価格比較

時計名 状態 2019年12月の安値 期間 2020年8月の安値 変動した額 残存価額
ロレックス
スカイドゥエラー
青文字盤
326934
中古 ¥2,488,000 0年 ¥2,578,600 90,600 103.64%
上昇している、スカイドゥエラー326…の次ページを見る>>
1 2
- PR -