腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

異変を感じる、ミルガウスZブルー文字盤116400GV

近頃、「青文字盤」という要素が大人気な印象がありますが、これまで青文字盤は特に注目されるような存在感ではなかったといえます。

今人気の青文字盤といえば、ノーチラスロイヤルオークオーバーシーズスカイドゥエラーなどが思い浮かびますが、パネライやカルティエパシャCの青文字盤も他の文字盤色より高いという印象があります。

そういった青文字盤人気に火をつけたのは、ノーチラス5711/1A-010でしょう。5711/1Aは、2017年以降年々上昇し、その注目度はデイトナを凌ぐほどといっても過言ではありません。

しかし、そんな青文字盤の腕時計には忘れてはならない存在が1つあります。

それこそが、このミルガウス116400GV「Zブルー文字盤」なのですが、おそらくこれが初めて「特別な青文字盤」という印象となった存在だと思います。

この場合の「特別」は、「そのシリーズにおいて特別感がある」という意味合いです。ミルガウスの例だと、黒文字盤に対して「後に追加された」ことや「Zブルーという名前が与えられた」といったことが特別であり、また、実勢価格も高い傾向があるわけです。

このZブルー文字盤まで、青文字盤というラインナップに対して「レア」と感じさせるキャラクターはなかったといえるため、「レア感のある青文字盤」としては元祖といえるのではないでしょうか。

ただ最近では、青文字盤の注目度が上昇したため、ミルガウスのZブルー文字盤は、それらの影で目立たないような存在感だったといえます。

実際、Zブルー文字盤といえども、その値動きは他のミルガウス同様「派手」というわけではありませんでした。

また、2019年7月の段階では116400白文字盤との価格差も縮まっていたわけです。白文字盤は従来6桁ミルガウスの中で一番安い存在、Zブルーは一番高い存在ですから、白文字盤が上昇したといえ、その差が縮まったというのは大きなインパクトだったわけです。

しかし、それから1年が経った今、状況は再び変化しています。

なぜなら、Zブルー文字盤は現在目立って上昇という様子。

2019年7月時点では約84万円という水準だったのが、現在ではなんと約98万円というボトム価格。実にこの1年1ヶ月で約14万円の上昇となっているのです。

パテック・フィリップ ノーチラス クロノグラフ 5980/1A-001 ブルー文字盤 メンズ 腕時計 中古

ロレックスミルガウスZブルー文字盤116400GVの価格比較

時計名 状態 2019年7月の安値 期間 2020年8月の安値 変動した額 残存価額
ロレックス
ミルガウス
Zブルー文字盤
116400GV
中古 ¥842,400 1年 ¥988,000 145,600 117.28%
異変を感じる、ミルガウスZブルー文字…の次ページを見る>>
1 2
- PR -