腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」
2020年9月9日更新

復刻でない世代、カレラCV2110

タグホイヤーの復刻カレラといえば、2017年頃まで10万円台という価格帯でしたが、ここ最近はその倍近くまで上昇するといった現象が起きているように感じます。

復刻版世代のカレラには、いくつかの種類がありますが、黒文字盤のCS3111に関しては、今年3月に40万円台となっています。

ですから、復刻世代のカレラは、2年3年前と比べて随分上昇したという印象があるわけですが、同じような見た目でもあまり値動きしていない存在があります。

このカレラCV2110は、一見するとCS3110と似ていますが、

  • タグホイヤーロゴ
  • デイト表示 あり
  • automatic表記 あり
  • CARRERA表記 あり
  • という点が異なります。

    このCV2110は、2004年に登場したのですが、これ、CS3110を近代化したモデルといった印象です。

    自動巻、デイト表示という内容は、まさに日常使用に求められる機能。CS3110の「手巻き・デイトなし・ドーム型プラスティック風防」という内容がマニア向けであるのに対し、CS2110はマス向けなのです。

    新品時において、こういった『マス向け』という要素は歓迎される場合がありますが、中古となるとキャラクター性がそれほど強くない印象となり、指名買いされない可能性もあります。

    実際、このCV2110の現在相場は、2018年2月水準とほぼ変わりない様子。復刻世代の場合、2018年との比較では、「随分違う」となっている場合が珍しくないため、“復刻でない”世代は評価されていないといえます。

    タグホイヤーカレラCV2110の価格比較

    時計名 状態 2018年2月の安値 期間 2020年9月の安値 変動した額 残存価額
    タグホイヤー
    カレラ
    CV2110
    中古 ¥217,800 2年
    7ヶ月
    ¥209,800 -8,000 96.33%
    復刻でない世代、カレラCV2110の次ページを見る>>
    1 2
    - PR -