腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

YGブレスレットのカラトラバこの1年の変化、パテックフィリップ5107/1J

パテックフィリップの5107という存在は、この5年6年ぐらいの間においてカラトラバとしては抜きん出て高い」という傾向があります。

2000年代前半という時代において現行モデルだった5107ですが、同世代のカラトラバの中心的な価格帯が130万円ぐらいだったならば、200万円前後という価格に位置していたわけです。

ただ、近年では5107は値下がり傾向。それなりに値下がりしたものの、一応「200万円前後」という水準にはいるため、他のカラトラバと比べると“目立って高い”という状況には変わりありません。

この世代のカラトラバは、ここ1年2年ぐらいにおいて、あまり目立った変動とならない傾向があるため、5107が値下がりしてもその序列に変化がないのでしょう。

そういった意味では、カラトラバは全体的に「値動きしない状態、もしくは値下がり」という印象となってしまうわけですが、もちろん値上がりしているモデルが無いわけではありません。

では、それは何かというと、やはり5107なのですが、同じ5107でもブレスレットの5107/1Jであります。

5107/1Jは、カラトラバとしては珍しいブレスレットモデルですが、現行だった2000年代前半当時から「高そうなレアカラトラバという印象がありました。

先のように、5107はカラトラバとしては相対的に高く、革ベルトモデルでも200万円前後という水準ですから、そのブレスレットとなると「革ベルトの1.5倍や2倍」という価格帯でも違和感がないでしょう。

けれども、この5107/1Jはちょうど1年前の2020年1月時点で、なんと248万円で購入可能だったわけです。

もちろん、それは記事でも「安く感じる」という趣旨で紹介したわけですが、それから1年が経過した今、やはり30万円ほどの値上がり状態となっている様子があります。

ただ、今といえば「K18ブレスレットの目立った上昇」という現象があり、なおかつ「YGが人気」という傾向があります。

ですから、この5107/1Jはそのどちらにも該当するわけで、「1年で30万円」という値上がりはそれほど強くないのではないかとすら思ってしまいます。

パテックフィリップ カラトラバ 5107/1J-001 PATEK PHILIPPE 中古メンズ 腕時計 送料無料

パテックフィリップカラトラバ5107/1Jの価格比較

時計名 状態 2020年1月の安値 期間 2021年1月の安値 変動した額 残存価額
パテックフィリップ
カラトラバ
5107/1J
中古 ¥2,480,000 1年
0ヶ月
¥2,780,000 300,000 112.10%
YGブレスレットのカラトラバこの1年…の次ページを見る>>
1 2
- PR -