腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

200万円台は大きな一歩、デイトナ116520黒文字盤

デイトナ116520がデビューしたのは2000年のことですが、その際、日本では「ロレックスブーム」と呼ばれる事態となっていました。

具体的には、エクスプローラー14270デイトナ16520の新品実勢価格が定価を上回っている状況だったのですが、それ以前の時代において、高級腕時計がこういった事態になることは稀だったため、「インパクトがある現象」といった捉え方をされていたともいえます。

もちろん、そのようなことに対して批判的な意見が目立っていたわけですが、それは「注目度が高いこと」の裏返し。意見としては批判的な人が目立つ一方、欲しいと思ってる人は黙って買っていたわけです。

ただ、116520の登場時の「熱」は、あまりにも激しすぎたため、デビュー後長年に渡って、116520「デビュー時の新品実勢価格が最も高い」となっていました。

そのようなことを打破したのは、2018年9月のことなのですが、結局デビューから18年後になって、ようやく「かつてのプレミアム価格以上になった」ということを達成しています。

けれどもそんな116520は、その後値動きが停滞気味に変化。

黒文字盤は、2018年9月⇒2019年9月の1年間で20万円ほどの上昇となっていたのですが、これは2017年⇒2018年の値動きと比べると半分程度だといえます。

そして、2019年夏からは全体的な下落トレンドが発生し、116520黒文字盤は値下がり。その後回復したものの、長らく100万円台後半付近という価格帯に位置し、200万円台となるような様子がなかったのです。

しかし今、そんな116520に異変が起きているのです。

それはどういったことかというと、黒文字盤、白文字盤ともに116520200万円台となっている点です。

これまで、116520は値動きしたとはいえ、その多くの場合、100万円台という価格帯に留まっていました。

もちろん、時期によって100万円に近いこともあれば、200万円に近いこともあるのですが、いずれにしても100万円台だったわけです。

ですから、現在の200万円台という水準は、116520にとって大きなな1歩といえるでしょう。

◎ROLEX ロレックス デイトナ Ref116520 M番 コスモグラフ メンズ腕時計 仕上げ済 黒文字番 自動巻き 中古品 S26020

ロレックスデイトナ黒文字盤116520の価格比較

時計名 状態 2020年8月の安値 期間 2021年2月の安値 変動した額 残存価額
ロレックス
デイトナ
黒文字盤
116520
中古 ¥1,980,000 0年
6ヶ月
¥2,013,000 33,000 101.67%
200万円台は大きな一歩、デイトナ1…の次ページを見る>>
1 2
- PR -