腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

400万円以上になった、ロイヤルオーク15400ST.OO.1220ST.02

ロイヤルオークといえば、現在、3針といったシンプルなモデルを中心に派手な上昇となっている印象がありますが、そのような動きを最初に見せたのがこの15400STであります。

15400STが最初に「派手な動き」となったのは2018年1月のことだったのですが、その際、『120万円台⇒170万円台』という変化を見せました。

2018年1月といえば、「2016年12月頃から始まった上昇トレンドからそれなりに時間が経っていた」という時期であります。

ですから、ロイヤルオークは、デイトナノーチラスと比べると「派手な上昇」となった時期がだいぶ遅かったといえるわけで、2017年の段階では「動かない」という印象があったわけです。

しかし、今となっては、ロイヤルオークは「ノーチラスデイトナよりも動く」とすらいえる状況になっているわけで、実際、ノーチラスが動かなかった2020年においても、ロイヤルオークの値動きは活発でした。

そして2021年になると、ノーチラスデイトナなども派手に動くといった状況になっているわけですが、ロイヤルオークそれらに負けないぐらいの変動を見せています。

特に凄かったのが、15202STのエクストラシンですが、2020年の段階では500万円台だったのが、現在では1000万円以上という状況に変化。変動額が数ヶ月前の本体価格を超えているのです。

また、14790STなどの旧モデルも派手な変動となっているわけで、3針ロイヤルオークは全体的に派手な上昇という印象です。

その一方で、これまで先陣を切って値動きをしていた15400STについては、ここのところあまり「派手に値動き」という様子がありませんでした。

2021年になってから、ロイヤルオークの値動きは、2020年よりも派手と感じられる場面があったわけですが、これまで“真っ先に動く”という印象だったこの15400STがそれほど動いていなかったわけです。

それが5月の今になって、ようやくこの15400ST.OO.1220ST.02が、なかなか派手な値動きに変化。

ではどうなったかというと、なんと「90万円ほどの上昇」という様子。前回お伝えした2020年9月のボトム価格は約338万円でしたが、現在はなんと429万円という水準に達しているのです。

オーデマ・ピゲ AUDEMARS PIGUET ロイヤルオーク オートマティック 15400ST.OO.1220ST.02 シルバー文字盤 中古 腕時計 メンズ

オーデマピゲロイヤルオーク15400ST.OO.1220ST.02の価格比較

時計名 状態 2020年9月の安値 期間 2021年5月の安値 変動した額 残存価額
オーデマピゲ
ロイヤルオーク
15400ST.OO.1220ST.02
中古 ¥3,388,000 0年 ¥4,290,000 902,000 126.62%
400万円以上になった、ロイヤルオー…の次ページを見る>>
1 2
- PR -