腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

2016年水準と変わらない、ラジオミールPAM00062

ラジオミールが「最高級シリーズ」といった役割だった時代に、数少ない“非限定モデル”というラインナップだったPAM00062。この時代のラジオミールは、限定モデルのほうが多数派だといえ、非限定のほうが少なかったといえます。

この62番は2002年に登場したWGモデルですが、翌年2001年にはRGの103番が登場。どちらも製造されていたのは2001年でありますが、これら2本は、この時代のK18パネライのメインモデルという感覚があります。

そんな両者ですが、2010年代中盤頃からは、WGのほうが「中古売出しを見かけない」という様子を見せ、特に2016年頃にはそういった印象が強かったと感じました。

この62番は、2016年2月に約129万円という水準に達していたのですが、このときの印象としては、「高くなった」という感覚でした。

62番や103番は、2000年代前半といった時代、60万円前後といった感覚だったのが、2000年代後半になると80万円台に到達。それが2010年代中盤には120万円台に達していたわけですから、やはり「以前と比べて高い」ということになります。

しかし、その後この62番は、「価格帯が変化する」ということが無い様子が続いているといえます。

2016年2月水準が約129万円だったのに対し、2017年7月は約124万円。そして、2019年4月水準は118万円、2020年4月が約122万円であるのです。

ですから、2016年2月から2020年4月までの値動きは、いずれも10万円に満たない様子といったことになります。

また、2016年2月水準と2020年4月水準を単純に比較しても、その差は7万円程度となるわけで、やはり「長期間相場が変わっていない」といえるでしょう。

さて、そんなPAM00062ですが、2020年4月から1年以上が経過した今、どういった様子になっているか、というと、その答えは「以前と同じ」であります。

現在、この62番は約121万円というボトム価格。2020年4月水準と「ほぼ同じ」水準なのです。

パネライ PANERAI ラジオミール オートマティック PAM00062 中古 時計 メンズ

オフィチーネパネライラジオミールPAM00062の価格比較

時計名 状態 2020年4月の安値 期間 2021年6月の安値 変動した額 残存価額
オフィチーネパネライ
ラジオミール
PAM00062
中古 ¥1,225,550 1年 ¥1,211,700 -13,850 98.87%
2016年水準と変わらない、ラジオミ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -