腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

280万円台になった、ロイヤルオーク15000ST.OO.0789ST.05

メンズサイズのロイヤルオークの中で、最も安価といった印象だったのが、この15000STだといえます。

実際、ノーチラスが「かなりな上昇」となっていた2018年時点でも15000ST100万円以下で購入可能。2018年5月時点で、白文字盤は約98万円という水準だったのです。

なぜ、15000STがこういった価格帯だったかというと、33mmというサイズが理由だったといえます。

特に2000年代中盤から、2010年代前半にかけて「ケース経の拡大」というトレンドが高級腕時計にはあったため、2018年といった時期、33mmというサイズは、まだ「小さい」という感覚が抜けていなかったのでしょう。

しかしながら、現在の感覚では33mmのメンズサイズは無視されるような存在感ではありません。むしろ、一時期流行った大きなサイズのモデルのほうが“不人気”といった感覚となっているぐらいかもしれません。

また、2018年5月時点では、ロイヤルオークは「やっと値動きする状態」になったばかり。その時期、値動きしていたのは15400STぐらいといっても過言ではなく、この15000STのような世代は、まだほとんど動いていなかったわけです。

けれども、2021年の今となっては、ロイヤルオークの状況は「ずいぶん高くなった」ということになっています。

実際、2018年1月時点で約176万円だった15400ST.OO.1220ST.02は、今や約467万円。全くもって価格帯が変化しているわけです。

そして、特に凄いと感じられるのが、「青文字盤」という要素。青文字盤といえば、ロイヤルオークノーチラスのメインカラーという印象ですが、近頃ではそれに限らず「青文字盤」ということが高値という傾向があります。

そのため、この15000STの青文字盤の水準は、かつての15000STに対するイメージでは考えられないぐらいの状態へと変化しています。

2019年7月時点で、この青文字盤の15000ST.OO.0789ST.05は135万円という水準でしたが、2021年7月の今となっては約285万円に達しているのです。

オーデマ・ピゲ 15000ST.OO.0789ST.05 ロイヤルオーク 自動巻

オーデマピゲロイヤルオーク15000ST.OO.0789ST.05の価格比較

時計名 状態 2019年7月の安値 期間 2021年7月の安値 変動した額 残存価額
オーデマピゲ
ロイヤルオーク
15000ST.OO.0789ST.05
中古 ¥1,350,000 2年 ¥2,856,000 1,506,000 211.56%
280万円台になった、ロイヤルオーク…の次ページを見る>>
1 2
- PR -