腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

7ヶ月間で110万円もの上昇、ロイヤルオーク14790ST.OO.0789ST.10

2020年の夏頃から、特に目立った値動きとなっているロイヤルオーク。この1年間の動き方は、ノーチラス以上に派手といった感覚があります。

今回取り上げるのは、14790STの白文字盤ですが、このモデルは2020年まで、現在の動き方とは異なる値動きをしていました。

ロイヤルオークといえば、2020年よりも前の段階から「動いている」という傾向があったものの、そういったことに該当するのは15400STなど、近代的なモデルが主といった傾向でした。

14790STは、その2つ前のモデルにあたるわけですが、世代的にはノーチラス3800/1Aの後期モデル、黒文字盤などと同じです。

その世代の3針ロイヤルオークといえば、この14790STの他に、15000STがあったのですが、これらはともに2018年ぐらいの段階では、それほど動いていなかったのです。

むしろ、今の値動きを見ると、過去の様子は「ほとんど動いていなかった」という感想になるでしょう。

では、現時点でこの14790ST.OO.0789ST.10がどういった水準になっているかというと、約357万円であります。

前回この時計のことをお伝えしたのは、今年2月ですが、その時点では約246万円という様子でした。ですから、この7ヶ月間で110万円もの上昇という値動きになっているのです。

オーデマ・ピゲ AUDEMARS PIGUET ロイヤルオーク 14790ST.OO.0789ST.10 ホワイト文字盤 中古 腕時計 メンズ

オーデマピゲロイヤルオーク14790ST.OO.0789ST.10の価格比較

時計名 状態 2021年2月の安値 期間 2021年9月の安値 変動した額 残存価額
オーデマピゲ
ロイヤルオーク
14790ST.OO.0789ST.10
中古 ¥2,469,000 0年 ¥3,575,000 1,106,000 144.80%
7ヶ月間で110万円もの上昇、ロイヤ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -