腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

金無垢は値上がったらインパクトがすごい、ロレックスGMTマスター2116718LN緑文字盤

いち早く現行世代のモデルとしてデビューしたのがGMTマスター2セラミックベゼルや太めのラグやバーインデックスというデザイン的な特徴はこの時計から始まりました。そして、このモデルよりベゼルの色を示すアルファベットがリファレンスの末尾に付くように変化。しかしこれ、一見文字盤の色も示してくれそうな感じがするのですが、示しているのはベゼルの色だけのようで、この116718のように黒ベゼルに対して黒文字盤と緑文字盤仕様がある場合、どちらも同じリファレンスなのです。

6桁リファレンス時代のGMTマスター2というと2007年にモデルチェンジしたステンレスモデルの印象ですが、最初に出たのはこの金無垢モデル。その登場は2005年と実はステンレスモデルの2年も前のこと。当時のGMTマスター2はステンレスモデルが「スポーツロレックスの中で不人気」と言われるぐらい人気がなく安値の存在。しかし、それも2007年のステンレスモデルモデルチェンジによって常識が変わります。そのモデルチェンジによって一番の変化があったのはベゼルの色。それまでGMTマスターというと赤青ベゼルが特徴的でしたが、セラミックベゼルとなった新型には黒ベゼルしかなかったのです。

そしてその後、それまで不人気だったGMTマスターは全体的に大幅値上がり。2007年のモデルチェンジをきっかけとして随分と人気かつ高値の時計となったのです。

しかし、6桁時代のステンレスモデルがどのようなデザインになるかはは2005年に登場したこの時計を見ていたらなんとなく想像がついたことかと思います。しかし、金無垢モデルにはなかなか目がいかず、どうしてもステンレスモデルだけに目がいってしまうのです。そこにヒントがあるにもかかわらず。

どうしてもステンレスモデルにだけ目がいってしまいがちですが、金無垢モデルに注目するとなかなか良いことがあるのです。それは上記のような“予測”のためだけでなく、金無垢モデルの値上がりという現象です。

ロレックス GMTマスター2 116718LN¥3,280,000〜¥3,989,000(2020年5月5日現在)

ロレックスGMTマスター2緑文字盤116718LNの価格比較

時計名 状態 2012年11月の安値(ヤフオク) 期間 2016年10月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
GMTマスター2
緑文字盤
116718LN
中古 ¥1,580,000 4年 ¥2,538,000 958,000 160.63%
金無垢は値上がったらインパクトがすご…の次ページを見る>>
1 2
- PR -