腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」
2016年10月18日更新

金無垢のスクーバは常に高めの相場、ブルガリディアゴノスクーバSD38G

全体的に値下がり傾向というイメージのブルガリですが、実は金無垢モデルは値上がり中というモノが多い傾向です。そんな中でも最も高い相場傾向にあるのがスクーバの金無垢仕様。ステンレスだと値下がり傾向のスクーバですが、なぜか金無垢は常に高めです。

最も高いのは2つ目のクロノグラフ。

ラバーベルトでもかなり高めの相場で、同じような金の含有量だと推測できるスポーツクロノ(CH35G)の約2倍という相場。こちらもステンレスだと価格差はほぼ無いに等しいのに金無垢だとスクーバは高めなのです。

そして、高めの傾向はクロノグラフだけでなく3針自動巻モデルも同様です。

ブルガリ ディアゴノ スクーバ SD38G¥524,800〜¥568,000(2020年5月5日現在)

ブルガリスクーバSD38Gの価格比較

時計名 状態 2010年11月の安値(ヤフオク) 期間 2016年10月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ブルガリ
スクーバ
SD38G
中古 ¥388,000 6年 ¥498,000 110,000 128.35%
金無垢のスクーバは常に高めの相場、ブ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -