腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」
2017年1月20日更新

ロレックスより人気だった、ブルガリスポーツLCV35S黒文字盤

ブルガリにはスポーツというモデルがありますが、2002年に「ディアゴノ」という名称に改名されたこととシリーズが増えたことにより、埋もれた存在となりつつあるようです。

この時計、2001年前後の新品実勢価格は298,000円(税別)と当時のロレックスのライバルといえる存在。

実際、同時期のサブマリーナノンデイト(14060)の新品が28万円(税別)ぐらいだったため、これら両者は完全に比較対象だったのです。

昔も今もロレックスはとても人気なブランドではあるのですが、2001年当時は今よりロレックスに対する反感が強かったのも事実。

“何も考えずにロレックスを選ぶ人が多い”というイメージより「自分はロレックスを選択したくない」と思った人も多かったのです。

しかし、それから10年以上を経て、当時ロレックスを意図的に避けていた人たちも一周回って「ロレックスはなんだかんだで良い」という評価になっています。

また、その頃ブルガリを選ぶというのは「ロレックスを避ける」というだけでなく「ファッション性がより高い」という理由もありました。

車で例えるなら、老舗のベンツEクラス(=ロレックス)にするか、お洒落なアウディA6(=ブルガリ)にするかを迷うという感じです。

ですから2001年当時においてブルガリスポーツとサブマリーナノンデイトなどは購入する際に「どちらにしようか」と迷われる存在だったのです。

しかし、今では両者はまったくもって比較対象ではありません。

かたや中古で50万円以上なのに対して、10万円以下で売られているブルガリスポーツ

2001年頃の事情を知らない人にとって、ブルガリスポーツとサブマリーナに親和性を感じる人はまったくもっていないでしょう。

ブルガリスポーツ」というモデルの考察

ブルガリスポーツというモデルは、名前の割にはどこがスポーツなのかが謎なモデルです。

防水性能が飛び抜けて高いわけでも無いですし、回転ベゼルを装備しているわけでもありません。

ブレスレット仕様はフォーマルモデルのブルガリブルガリにもあるので、ブルガリブルガリと見た目以外に違う点は無いのです。

また、当時のブルガリスポーツモデルにはもう一つスクーバというモデルがありました。

スクーバは回転ベゼルを備えた200m防水仕様。ブレスレットとラバーベルトタイプがあり、明らかに「スポーツ」タイプなモデルです。

よって、ブルガリブルガリスクーバに挟まれたスポーツというモデルは今では“なんだかよくわからない”という印象にしまいます。

しかしこのスポーツというモデル、2001年当時はその存在意図をきちんと認識できたのです。

というのも当時、ブルガリブルガリというモデルの知名度が今よりだいぶ高かったのです。

つまり、多くの人が時計を選ぶ際、今よりブルガリブルガリという時計の存在感が遥かに大きく、ロレックスもいいけどブルガリブルガリもいいな、なんて思われる存在。

そのブルガリブルガリにちょっと変化を加えた上級モデル、というのがこのスポーツだったのです。

33mmのブルガリブルガリに対して35mmというサイズのスポーツ

平面なベゼルのブルガリブルガリに対して傾斜が付いたベゼルの「スポーツ」。

そして、専用デザインのブレスレットと革ベルト

つまり、「スポーツ」というモデルはブルガリブルガリを基本として見るととても魅力的なモデルに映るのです。

特にブレスレットのデザインには定評がありますし、革ベルトだって中央が膨らんだデザインの凝ったモノ。

こういう小さな差が、ブルガリブルガリの上級モデルとして成立させていたのです。

一方その頃のスクーバといえば、この「スポーツ」に対して変わり種時計という印象。

回転ベゼルに「BVLGARI・BVLGARI」と入っていないデザインのスクーバ「異色なブルガリというイメージだったのです。

スポーツ」の今

つまり「スポーツ」というモデルを見るときに、「ブルガリブルガリ」というモデルが有名である必要があります。

さらに、それはブルガリブルガリ」「スポーツ」「スクーバというシンプルなラインナップだからこそ成り立ちます。

しかし、2000年代前半よりブルガリは様々な新シリーズを投入したり、過去モデルを生産終了にして新型を大量に投入したりするなどしました。

その結果、かつてのブルガリファンを含め多くの人にとって、ブルガリ腕時計の全体像がわからなくなってしまったのです。

かつて、実勢価格においても人気度においても立派にサブマリーナのライバルとして君臨していたブルガリスポーツ」。

それが上記の事情により不人気要素が広がり、今では10万円以下という、当時のオメガより安い価格で購入可能となっています。

¥65,093〜¥149,040(2019年3月21日時点)

ブルガリスポーツ黒文字盤ステンレスLCV35Sの価格比較

時計名 状態 2012年9月の安値(ヤフオク) 期間 2017年1月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ブルガリ
スポーツ
黒文字盤
ステンレス
LCV35S
中古 ¥94,290 4年 ¥89,800 -4,490 95.24%
ロレックスより人気だった、ブルガリス…の次ページを見る>>
1 2
- PR -