腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」
初めての方へ 腕時計を探す 腕時計投資新聞 相場情報

登場から今年で20年、タグホイヤーキリウム

1997年に登場したキリウムは腕時計の世界では新しいほうですが、既に生産終了となってから長い年月が経ちます。

2008年頃には既にハードオフなどで5万円以下で売っており、安いモデルという印象になっていたこの時計。

このデザインは97年という時代を象徴するものであり、“世紀末”とか“インターネット”という当時のキーワードはまさに「未来」を感じさせるものであったため、いかにこの近未来的なデザインが97年的であるかが分かります。

しかしこのキリウム、近未来的なデザインといっても登場から今年で20年。同じ頃、1964年の復刻モデルとして登場したカレラは当時から30年前のモデルにあたるのですが、その頃の既にかなりクラシックに見えていました。

97年時点での30年前と比べると2017年時点での20年前は、時計のデザインもテクノロジーの進歩も進み方が遅いように感じます。

もしもこの時計が80年代にデザインされた近未来的なものだったとしたならば、きっと古さを感じずにはいられないでしょう。しかし、97年にデザインされた近未来感は、今でも全く同じように新しく感じます

タグホイヤーキリウムクロノグラフCL1111の相場比較

時計名 状態 2013年2月の安値(ヤフオク) 所有期間 2017年2月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
タグホイヤー
キリウム
クロノグラフ
CL1111
中古 ¥56,700 4年 ¥57,780 1,080 101.90%
登場から今年で20年、タグホイヤーキ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -