腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

新しさを感じたピンクゴールドモデル、ロレックスデイデイト118205

2000年に6桁リファレンスとなったデイデイトは、スムースベゼルや3連ブレスモデルの展開をするなど5桁時代に対して新しさを感じる要素を盛り込んだモデルです。

そして、このリファレンス末尾が「5」のピンクゴールドモデルの登場というのも新しさを感じる要素の1つ。

今ではエバーローズゴールドを売りとしているロレックスですが、2000年頃まではイエローゴールドが中心で、ホワイトゴールドの採用すら少なかった傾向でした。

2000年に登場したピンクゴールド製のモデルは、2000年代半ばにテコ入れされて今のように「エバーローズゴールド」となったため、現在末尾が「5」はエバーローズゴールドを示しています

ただ、今の印象としてはエバーローズゴールドでも、それ以前のピンクゴールドでも相場は相場はイエローゴールドより高めであり、リファレンス末尾が「5」のモデルはいずれも希少という傾向に変わりはない模様です。

ロレックスデイデイト黒文字盤118205の価格比較

時計名 状態 2009年9月の安値(ヤフオク) 期間 2017年2月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
デイデイト
黒文字盤
118205
中古 ¥1,380,000 7年 ¥1,792,800 412,800 129.91%
新しさを感じたピンクゴールドモデル、…の次ページを見る>>
1 2
- PR -