腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

手間の掛かった文字盤、ヨットマスターロレジウム116622(プラチナ文字盤)

1999年にデビューしたヨットマスターロレジウム16622は、2012年に6桁リファレンスへモデルチェンジされ、116622となりました。

ロレジウムが116622になった際、最も大きな変化を遂げたのは用意された文字盤のラインナップ数です。

16622には“プラチナ文字盤”しか無かったのが、116622にモデルチェンジした際、青文字盤も追加。そして、今では文字盤ラインナップがもっと豊富になっています。

以前は「ロレジウム」というと“プラチナベゼル+プラチナ文字盤”を指していたのが、ラインナップの増加によって“プラチナベゼル”のステンレスモデルがロレジウムであるという認識になりました。

デビュー時よりコンビや金無垢には様々な文字盤が用意されていたヨットマスターですが、ロレジウムだけは約13年間、1種類の文字盤しか用意されていなかったのです。

2012年にロレジウムが116622となった際、多くの人が気にしたのは16622116622の差であり、文字盤ラインナップが増えたことよりも“プラチナ文字盤”について新旧どのような変化があるのかということに関心が集まりました。

前途の通り、最も大きな差は文字盤ラインナップの数なのですが、ロレジウムにおいてあまりにも“プラチナ文字盤”のイメージが強いのでしょう。

そして“プラチナ文字盤”において、新旧の違いを見つけるのはかなり困難です。

最も大きな差は、バックル部分が6桁仕様になったという点でしょう。

それ以外の変化として文字盤の発光塗料がクロマライトになったりしているのですが、あくまでも新しいロレックス基準に適合するようにマイナーチェンジされたという内容。

ただし、ブレスレットの付け根、フラッシュフィット部分の長さの違いについては、両方比べると意外に分かりやすく、短めな116622のほうが格好良い印象です。

“プラチナ文字盤”において116622というモデルは16622と少しの差しかないのにもかかわらず、16622より相場が高いことから、割高という印象がありました。
しかし、最近この“プラチナ文字盤”が生産終了となり、事情が変わりそうな予感がします。

ロレックス ヨットマスター 116622¥935,000〜¥1,673,100(2020年5月5日現在)

ロレックスヨットマスターロレジウム(プラチナ文字盤)116622の価格比較

時計名 状態 2015年6月の安値(ヤフオク) 期間 2017年2月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
ヨットマスターロレジウム
(プラチナ文字盤)
116622
中古 ¥920,000 2年 ¥828,800 -91,200 90.09%
手間の掛かった文字盤、ヨットマスター…の次ページを見る>>
1 2
- PR -