腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

2つの希少要素がある、カルティエ『パシャC』白文字盤W31015M7

パシャCといえば、白文字盤と黒文字盤が最も印象深い存在。

この白文字盤と黒文字盤がデビューしたのは96年頃。

95年に登場したパシャCの中では初期に近いモデルなのですが、デザインが良く今でもパシャCの中で人気なのはこのあたりの年式だと思います。

パシャCにはざっと3種類あり、当初はこの白文字盤のように4時あたりに位置する拡大鏡付きのデイト表示だったのですが、2000年の春頃にビッグデイト仕様となりました。

そして、2000年代後半には再度スモールデイトへと戻るのですが、その際のスモールデイトには拡大鏡がありません

また、同じスモールデイトでも拡大鏡付きのモノは日付が文字盤上の数字と並行になるように調整されているのに対し、拡大鏡無しのモノはベゼルに並行するように斜めを向いた日付表示となっています。

さて、これだけでもパシャC意外に見るべきポイントが多い時計

しかし、細かく見ようと思ったらもっと掘り下げることが可能なのです。

中でも人気のある白文字盤については、年式によって細かい仕様違いがあるため、見るポイントが多いのです。

初期の白文字盤は、秒針の先がフラットなのですが、それ以降のモデルは秒針の先に発光塗料があります。

また、文字盤下のSWISS表記部分にも様々な仕様が存在。

そして、この「L SWISS MADE L」と書かれたモデルは、最終型にあたります。

この仕様、出たのが98年の終わり頃から99年頃なのですが、前途のように2000年の春頃にはビッグデイト仕様となったため、1年程度しか生産された期間がありません。

そしてこの仕様だけ、他の年式と異なる点が何点かあり非常に興味深い存在です。

カルティエパシャC(LSWISSMADEL表記)W31015M7の価格比較

時計名 状態 2016年7月の安値(ヤフオク) 期間 2017年2月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
カルティエ
パシャC
(L SWISS MADE L 表記)
W31015M7
中古 ¥148,000 1年 ¥162,000 14,000 109.46%
2つの希少要素がある、カルティエ『パ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -