腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

評価が難しい、ミルガウス1019

ミルガウスといえば、最近現行モデルの116400のイメージですが、かつては「幻のモデル」としてミルガウス1019、という印象が最も強いものでした。

ミルガウス1019は1960年代に登場してから1990年頃まで40年近くもの間生産され続けた長寿モデルです。

しかし、現行当時は不人気だったという点から、流通量が多くなく、時計ブームのようなきっかけから需要が増えると、一気に供給が間に合わなくなるのです。

そのため、90年代後半の時計ブームの際には既に200万円程度という相場まで上昇。

当時、同じような相場だったのは今では1000万円近くする4桁リファレンスのデイトナだったりしたため、「最も高いアンティーク」というイメージもあったのです。

そして2007年にミルガウスが復活し、116400が出た際もその「希少」というイメージにより、新型ながらもプレミア価格状態になり、最も高い時では116400GVが180万円で売れていたこともありました。

しかしその翌年の2008年、リーマンショックが起こると116400GVは一気に100万円近くも大暴落。

それから116400は普通のロレックスとして、特にプレミア価格にもなることなく常識的な値段で売られることになります。

けれども1019のほうは、116400の影響を受けること無く、常に高い状態をキープしています。

 

ロレックスミルガウス黒文字盤1019の価格比較

時計名 状態 2010年7月の安値(ヤフオク) 期間 2017年3月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
ミルガウス
黒文字盤
1019
中古 ¥1,898,000 7年 ¥2,698,000 800,000 142.15%
評価が難しい、ミルガウス1019の次ページを見る>>
1 2
- PR -