腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

いつしかレアモデルに、オメガ『スピードマスター』ムーンフェイズ

2000年代半ばまで、店頭でよく見かけたスピードマスタームーンフェイズ

登場したのは2000年頃で、その時「ブロードアロー」共に“高級な”スピードマスターとして登場しました。

黒文字盤でないムーンフェイズスピードマスターといえば、99年に登場したホワイトゴールドの記念モデルという印象がそれまであったため、特別なモデルという印象でした。

その記念モデルは革ベルトと黒いベゼル、そしてブロードアロー針ではない青針を装着していたため、かなり高級感があったのですが、それをカジュアルにしたのがこのムーンフェイズという印象です。

ムーンフェイズ”は“ブロードアロー”と文字盤の色や針の形状が同じことから、兄弟モデルとして扱われていました。

実際、当時の新品実勢価格も両者は同じということが多かったですし、2つならべて店頭に飾られる光景もよく見かけました。

一見違いがよくわからない両者ですが、ブロードアローフレデリックピゲ製の高級ムーブメント搭載だから「高く」、このモデルはムーンフェイズ搭載という高級感に加えてホワイトゴールドベゼルが装備されています。

つまり、

という違いの両者。

同時どちらを選んだ人が多かったかというと、中古流通量を見る限りブロードアローが多いように思います。

とはいえ、ムーンフェイズも極端に少ないということはなく、「レア」と呼ぶのに値しない存在です。

しかし、最近そんなムーンフェイズ異変が起きています。

オメガ スピードマスター ムーンフェイズ 3575.20¥332,640〜¥468,000(2019年6月19日現在)

オメガスピードマスタームーンフェイズ3575.20の価格比較

時計名 状態 2011年9月の安値(ヤフオク) 期間 2017年3月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
オメガ
スピードマスター
ムーンフェイズ
3575.20
中古 ¥210,000 5年 ¥352,000 142,000 167.62%
いつしかレアモデルに、オメガ『スピー…の次ページを見る>>
1 2
- PR -