腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

憧れの対象だった、ブルガリ『スポーツクロノ』CH35S黒文字盤

近頃、ブルガリの腕時計に対して“高い”という感覚はなくなりつつあります。

特に中古は安く、2000年前後のモデルのステンレスモデルは、いずれも10万円台が主な価格帯。

2000年前後といえば、ブルガリの腕時計が非常に人気があり、ロレックスオメガカルティエとともに高級腕時計を買う際、選択肢として考えられる存在でした。

特に人気だったのが、スクーバとこのスポーツクロノ

スクーバにはラバーベルトとブレスレット仕様が存在。また、スポーツクロノには革ベルトとブレスレットモデルがありました。スクーバで人気だったのはラバーベルトで、スポーツクロノで人気だったのがブレスレット。

そして、これらブルガリは、サブマリーナなどスポーツロレックスと迷われる存在だったのです。

ですから、2001年8月時点における約47万円という新品実勢価格で、実際に購入した人は少数派ではありません。

¥78,000〜¥338,000(2019年3月21日時点)

ブルガリスポーツクロノ黒文字盤ブレスレットCH35Sの価格比較

時計名 状態 2001年8月の安値(2社平均値) 期間 2017年3月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ブルガリ
スポーツクロノ
黒文字盤
ブレスレット
CH35S
新品 ¥471,240 16年 ¥138,000 -333,240 29.28%
憧れの対象だった、ブルガリ『スポーツ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -