腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

元祖アイスブルー、ロレックス『デイデイト』118206

アイスブルーといえば近頃、500万円以上するデイトナ116506のイメージですが、元祖アイスブルー文字盤といえばこの118206です。

118206の前モデル、18206の頃よりプラチナにのみ設定される青文字盤という存在はあったのですが、5桁時代のモノはアイスブルーというよりもラピスラズリに近い色。アイスブルーの存在もあった模様ですが、かなり数が少なく、文字盤交換によるものなのか純正なのかは不明。

少なくとも言えるのは、118206のアイスブルー文字盤こそ、最初に憧れの対象となった存在です。

118206が登場したのは2001年ですが、それ以前の段階では“プラチナのデイデイト”に対する話題はありませんでした。

2001年に新型デイデイトとして118206が登場した後、この若々しく美しいアイスブルー文字盤に密かな話題が生まれたのです。

デイデイトは以前より金無垢専用モデルとして、ロレックスにおける最高の位置にいました。

ロレックスブームが始まってからまだ3年も経たない2001年において、新型デイデイトの新品実勢価格は200万円近くもしたため、プラチナだろうがホワイトゴールドだろうが“高いモデル”という印象に違いはありませんでした

アイスブルー文字盤は登場時より雑誌で大々的に取り扱われたりして注目されたというよりも、売出情報などを見たときに「良い色の文字盤がある」と思ったら、プラチナ限定の文字盤で“高い”ということが認識されありがたみが増したのです。

そして、どの時代でも200万円を切ることは基本的になく、常に高いモデルとして憧れの対象となる時計なのです。

 

ロレックスデイデイトアイスブルー文字盤118206の価格比較

時計名 状態 2015年9月の安値(ヤフオク) 期間 2017年4月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
デイデイト
アイスブルー文字盤
118206
中古 ¥3,078,000 2年 ¥2,700,000 -378,000 87.72%
元祖アイスブルー、ロレックス『デイデ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -