腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

オリジナルデザインに近いのに安い、ロイヤルオーククオーツコンビ

ロイヤルオークといえば、三雲ブランド“かなり高い時計”というイメージがありますが、それとは裏腹に現在30万円台で購入可能なモノも存在します。

それは、

  • 80年代頃に製造された
  • 古めの
  • クオーツ

という要素を備えたモデルに該当。

そして、この記事の個体も今の相場において39万8000円という価格で購入することができるのです。

しかしこの“安い”ロイヤルオーク、以前より「安い」現象は変わらず、どんな時代でも20万円台や30万円台で購入可能。

つまり、市場では「不人気」な存在として長らく扱われているのです。

しかしこれ、今見ると魅力的に見えると思います。

その理由こそ、80年代に造られたクオーツモデルの見た目です。

この

  • 2針
  • 細いインデックス
  • 旧AUDEMAS PIGUETの表記

が織りなす全体的なバランスは、ジェラルドジェンタ氏のオリジナルデザインである初代モデル5402STにかなり近い印象。

また、クオーツを採用しているために、薄さは自動巻をしのぎます。

「薄い」というのがロイヤルオークの初期コンセプトにおいてかなり重要であり、それは今でも多くのラグジュアリースポーツに該当することでしょう。

このクオーツの場合、側面から見ると分かる通り、ブレスレットの厚みとケース中心の厚みをイコールにするというデザインが可能なのです。

また、クオーツモデルといえば、1秒毎に針が進むステップ秒針が気になるという方も多いでしょうが、このモデルのように2針の場合、それを気にする必要はありません。

ということでこのロイヤルオークのクオーツモデル、今かなり注目すべき1本だと感じるのです。

オーデマピゲ ロイヤルオーク(現在参考の腕時計がありません)

オーデマピゲロイヤルオーククオーツコンビの価格比較

時計名 状態 2008年秋頃の安値(タイムトンネル) 期間 2017年4月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
オーデマピゲ
ロイヤルオーク
クオーツ
コンビ
中古 ¥298,000 8年 ¥398,000 100,000 133.56%
オリジナルデザインに近いのに安い、ロ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -