腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

いつピアジェは評価されるのか(2)、アップストリーム自動巻

ETA2010年問題をきっかけとしてなのか、ブランディングの一環なのかはわかりませんが、近年多くのブランドが自社ムーブメントの開発に力を入れています。

そして、それは比較的安い価格帯を中心としているオメガタグホイヤーにも該当。

しかし、自社ムーブメントが必ずしも良いかというと、一概に「良い」ということにはならず、信頼性(故障のしづらさ)やメンテナンス性を考慮すると、長期に渡り使われてきた出来の良いベースムーブメントを超えるのは難しい、という見方もあります。

特に、最近自社ムーブメントを造り始めたブランドの機械ほど不安だと感じるのは自然なことでしょう。

とはいえ「自社ムーブメントの存在」ということが、時計ファンに対してブランディングの効き目があることも確か。

そして、自社ムーブメントに価値を見出すということがあるならば、マニュファクチュールのブランドこそ最も良いということになります。

実際、ロレックスパテックフィリップはマニュファクチュールのブランドとして世界中で人気です。

また、ジャガールクルトオーデマピゲブレゲのベースムーブメントに使われるほどのマニュファクチュールとしても有名。

最近自社ムーブメントを造り始めたメーカーより、長らく自社ムーブメントを造り続けているということに対する価値も大事な要素です。

では、ピアジェはどうかというと、昔からマニュファクチュールの時計ブランドなのに全く評価されていないのです。

ピアジェ初のステンレススポーツウォッチとしてデビューしたこのアップストリームは、504Pという歴史あるピアジェの自社ムーブメントが採用され、さらにブレスレットの仕上げも非常によい時計。

つまり、どの角度から観ても「納得」な時計にもかかわらず、この5年でほぼ相場が変わっていないという存在なのです。

ピアジェ アップストリーム¥305,800〜¥411,400(2020年5月5日現在)

ピアジェアップストリーム銀文字盤自動巻の価格比較

時計名 状態 2012年3月の安値(ヤフオク) 期間 2017年4月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ピアジェ
アップストリーム
銀文字盤
自動巻
中古 ¥395,000 5年 ¥438,000 43,000 110.89%
いつピアジェは評価されるのか(2)、…の次ページを見る>>
1 2
- PR -