腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

短期で10万円以上値上がり、ロレックス『ヨットマスター2』116680

「シンプルな機構のムーブメントをとことん極める時計作り」といえば独立時計師のフィリップ・デュフォー氏が有名ですが、ロレックスもそうであるということは忘れがちです。

ロレックスの腕時計は、ムーブメント以外の要素に数多くの話題性があるため、あまりムーブメントについて触れられない傾向。

ですから、ロレックスのムーブメントが究極的に実用性を重視したストイックな哲学をもって作られているということはあまり大きな話題とはなりません。

一般的には、「凄いムーブメント=複雑機構」という印象になりがちで、それは筆者も同様です。

しかし、数々のノウハウを持ったロレックスが、複雑機構モデルを作れないわけがなく、長い間シンプルなムーブメントしか製造しなかったのは「あえて」でしょう。

複雑機構モデルがデリケートであるということは有名で、“壊れやすいから使うことができない”というフラストレーションが溜まるのを解消するためにシェルマングランドコンプリケーションが生まれたという経緯があるほど。

つまり、ロレックスはちょっとやそっとで壊れるような腕時計を造りたくなかったのです。

ロレックスが実用性を重視するというのは、他社製ムーブメントを搭載していた時代のデイトナにおいても見出すことができ、36000振動というハイビートが売りのエルプリメロをあえて28800振動に落としたのは有名です。

そんなロレックスはおいて異変が現れたのは2007年。

3針もしくはクロノグラフというシンプルなラインナップの中に、突如プチコン的仕掛けを持つシリーズが現れたのです。

しかもその複雑機構はデイデイトなどドレス系にではなく、スポーツ系のモデル「ヨットマスター2」として登場。

ヨットマスター自体が最高級モデルでしたが、ヨットマスター2はさらに上行く最高級モデルとして、デイトナを上回る新品実勢価格で登場。また、その際ラインナップされたのは金無垢のみで、数年というスパンを経てコンビやステンレスが追加。

ステンレスモデルの116680は、長らく150万円前後という相場でした。

しかし、2016年夏頃、この116680が130万円台になるという自体が発生。

その時期において、116680はデイトナ16520や116520よりも30万円程度高い水準でした。

また、デビューした時期も2013年であるため、3年後という2016年は値下がり傾向となってもおかしくない頃。

そのため、値下がり傾向の始まりかと思ったのですが、2016年10月から現在にかけて10万円以上高くなっています

ロレックス ヨットマスター2 116680¥1,705,000〜¥2,065,800(2020年1月25日現在)

ロレックスヨットマスター2116680の価格比較

時計名 状態 2016年10月の安値(楽天) 期間 2017年6月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
ヨットマスター2
116680
中古 ¥1,350,000 0年 ¥1,470,000 120,000 108.89%
短期で10万円以上値上がり、ロレック…の次ページを見る>>
1 2
- PR -