腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

程度の良いモノの相場が違う事例、スピードマスタートリプルカレンダー3523.80

ロレックスブームだった2000年頃、ドンキホーテの各店舗には高級腕時計がずらりと並べられており、今より実物を見る体験が簡単だったように思います。

そして、そのショーケースを眺めていると、なんとなく“どの腕時計がいくらぐらいなのか”という相場観が身についてきて、オメガの通常モデルは10万円台、スピードマスターのムーンウォッチは20万台、スポーツロレックスは30万円台ということが分かります。

このスピードマスタートリプルカレンダーは、10万円台で買えるオメガの中で、最も複雑なモデルだったのにもかかわらず、これよりシンプルなデイトと1万円ほどしか実勢価格が変わりませんでした。

曜日と月を示す小窓と、日付を針で示す機構が「なんとも高そう」と思わせたにもかかわらず、プライスタグを確認すると、¥158000などという表記が存在。

デイトとトリプルカレンダーの価格差が1万円程度となると、その選択は好みの問題となるだけでなく、たまたま在庫があった方を選ぶというようにもなりそうです。

デイトにもトリプルカレンダーにも銀文字盤や青文字盤などがありますが、仮にデイトの在庫が銀文字盤、トリプルカレンダーが青文字盤だった場合、青文字盤を選んだらたまたまトリプルカレンダーだったということもあったでしょう。

トリプルカレンダーはとても魅力的な時計ですが、その複雑そうな見た目から壊れやすそうにも見えます。

しかし、さすがはオメガ。酷使してもあまり壊れたという噂はききません。

ベースムーブメントはバルジュー7750ですし、カレンダー機構もコンプリケーション的な仕掛けがあるわけではなく手動で動かす仕様ですから、確かに頑丈な印象です。

そして、毎日使える実用性の高さと、もとから安めだった実勢価格の影響により、現在では10万円を切る価格でも売られているこの3523.80

とはいえ、その価格帯で売られているものは程度の悪いモノがほとんどです。

では、程度の良いモノはいくらぐらいなのかというと、15万円前後といった水準です。

オメガ スピードマスター デイデイト 3523.80¥132,000〜¥210,000(2019年12月11日現在)

オメガスピードマスタートリプルカレンダー3523.80の価格比較

時計名 状態 2014年2月の安値(ヤフオク) 期間 2017年7月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
オメガ
スピードマスター
トリプルカレンダー
3523.80
中古 ¥178,000 3年 ¥147,800 -30,200 83.03%
程度の良いモノの相場が違う事例、スピ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -