腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」
2017年7月22日更新

超高級モデルも値上がり現象、ロレックスデイトナ116506

この数ヶ月間、数多くのロレックスが急激に値上がりしました。

今回の値上がり現象において、特に目立っているのはステンレスモデルであり、逆にコンビモデルは値段が変わっていない印象です。

コンビの場合、デイトナでも青サブでもGMTマスターでも、「急激に値上がりした」というように目立っているモデルはありません。

では、プラチナモデルとなるとどうなのかというと、デイトナに関しては値上がり状態なのです。

2013年に

  • デイトナ初のプラチナモデル
  • さらにアイスブルー文字盤

という強い要素満載でデビューした116506は、その超高級要素にふさわしい相場を維持し続けています。

出た時期が2013年のため、まだまだ新しいという点や、その時期既に相場が高かったということが合わさり、ずっと値段が変わっていないという印象でした。

そのため、2016年12月における約560万円という水準でも「充分に高い」という印象だったのですが、現在では560万円で買える個体はありません。

ですから、今となってはその頃の560万円という額が、実は116506にとって“かなり安い額”だったということになるのです。

 

ロレックスデイトナ116506の価格比較

時計名 状態 2016年12月の安値(楽天) 期間 2017年7月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
デイトナ
116506
中古 ¥5,616,000 0年 ¥6,025,350 409,350 107.29%
超高級モデルも値上がり現象、ロレック…の次ページを見る>>
1 2
- PR -