腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

60万円台で買える金無垢ジュネーブシール、ロジェデュブイマッチモアM28

2002年にフランクミュラーがポストロレックスとして大ブームとなりましたが、その翌年頃より「フランクミュラーの次」を求める人にとってたまらない存在だったのがロジェデュブイです。

フランクミュラーといえばトノー型というイメージに対して、レクタンギュラーという印象を抱かせることに成功していたロジェデュブイ

フランクミュラーにもレクタンギュラーのモデルがあり、それは現在このロジェデュブイより遥かに知名度があると思われる「ロングアイランド」という有名モデル。

しかし、ロングアイランドという強い存在があるのにもかかわらず、なぜ「レクタンギュラーといえばロジェデュブイ」となったのでしょうか。

それは出た時期がマッチモアのほうが先だからです。

ロングアイランドが登場したのが2000年であるのに対し、マッチモアの登場は1998年。

ただ、ロジェデュブイにとっては先にフランクミュラーが流行ってくれた、という状況は良かった出来事かもしれません。

というのも先のように、このマッチモアはフランクミュラーの次に買う存在というイメージでした。

ロジェデュブイの要素はてんこ盛りな内容のため、フランクミュラーという基準が先にあったことで、理解可能なブランドとなれたのだと感じます。

フランクミュラーと同じようなインパクトながら、ムーブメントは自社製かつジュネーブシール取得という内容。

なおかつ、ロジェデュブイ氏がかつてパテックフィリップに在籍していたという点も強い要素。これはパネライにおけるロレックスエッセンスのように、パテックフィリップのエッセンスとなって、ロジェデュブイに強い要素を与えます。

また、ロジェデュブイの各モデルは28本限定であり、この年間生産本数上限の設定というブランディングはまさにパネライと同様。

そのため、

  • フランクミュラー的な見た目
  • パテックフィリップのエッセンス
  • パネライ的なブランディング
  • という強い要素が揃っており、まさしくポストフランクミュラーとしてふさわしい存在だったのです。

    しかし、その後ロジェデュブイは大きく注目されること無く、それは今でも変わりません。

    また、比較されたフランクミュラーが現在値下がり状態であるのと同様、このロジェデュブイも値下がり傾向です。

    そして驚くべきは、マッチモアはフランクミュラーのロングアイランドよりも遥かに安いという点です。

    ロジェデュブイマッチモアM28の価格比較

    時計名 状態 2008年10月の安値(ヤフオク) 期間 2017年7月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
    ロジェデュブイ
    マッチモア
    M28
    中古 ¥680,000 8年 ¥609,900 -70,100 89.69%
    60万円台で買える金無垢ジュネーブシ…の次ページを見る>>
    1 2
    - PR -