腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

すごく程度の良いモノの事情、ブルガリアルミニウムAL38A

ブルガリアルミニウムにはレディース、ボーイズ、メンズの3種類が存在していますが、自動巻ムーブメントを搭載するのはメンズサイズのみ。

そのため、2000年代前半よりメンズサイズの相場が他より高い傾向なのですが、それでも6万円程度という水準でした。

そして、今では安いものが3万円台で売られているというように、自動巻メンズサイズでもかなり安くなったと感じます。

しかし、それは程度の悪い個体の話。アルミニウムは構造的に程度が悪くなりやすく、程度の悪い個体が多い傾向です。

そのためアルミニウムの場合、以前にも記事で紹介したとおり程度の良いモノの相場を見極める必要があるのです。

そして今回は、それよりさらに希少性の高い「とても程度の良い個体」についての事情を考察。

ブルガリアルミニウムの場合、凹みやすく変色しやすいアルミ素材のケースと、痛みやすいラバーベルトを採用しているため、「とても程度の良い個体」であるためには“使用頻度が低い”という要素が必要となります。

現在アルミニウムにおいて、程度の良い個体が減っている中、「とても程度の良い個体」はかなり希少

長らく、とても程度の良いモノを発見することができなかったのですが、今回それが登場したのです。

では、どのような評価となっているかというと、10年前と比べて若干の値下がり状態となっています。

ブルガリアルミニウムAL38Aの価格比較

時計名 状態 2007年10月の安値(ヤフオク) 期間 2017年9月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ブルガリ
アルミニウム
AL38A
中古 ¥99,540 9年 ¥89,800 -9,740 90.21%
すごく程度の良いモノの事情、ブルガリ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -