腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

ブラックシールは値下がり中、オフィチーネパネライPAM00380

ラジオミール“ブラックシール”といえば、今ではオーソドックスなパネライという印象ですが、かつては新鮮と感じる要素があった存在です。

ブラックシールがデビューしたのは2004年なのですが、当時においてラジオミールというシリーズは、パネライの中でも特に高級品という印象でした。

通常モデルとして販売されていたのは基本的に金無垢のみで、ステンレスモデルでも高級ムーブメントが搭載されるなど、内容も実勢価格からも高級感を感じることができました。

そんなラジオミールにおいて、初めてルミノールと同等の内容で登場したのがブラックシールという存在。

デビュー当時より実勢価格は、ラジオミールの中で最も安いという状況でしたが、「高級なシリーズにおける安価なモデル」という意外性が、とても新鮮だったのです。

ヨットマスターロレジウムやフランクミュラーのカサブランカなどと似た存在感だったといえるでしょう。それらに共通するのはやはり「高級なシリーズにおける安価なモデル」という点です。

しかし、そのような印象をブラックシールに対して感じることができたのは、2004年のデビュー当時ぐらい。

なぜなら、このブラックシールをきっかけとしてラジオミールシリーズが脱高級化となったからです。

2005年にはラジオミールベースが発売され、ルミノールと何ら変わらない構成になり、2000年前後に造られたようなデッドストックムーブメントを用いた限定モデルも作られなくなったのです。

けれども市場では、ブラックシールをはじめとする脱高級ラジオミールが受け入れられ、かつてのラジオミールの事情を知っている人は少なくなりました。

そのため、2005年以降に出たラジオミールは「新しいモデル」としてそこそこ高く、2014年頃まではブラックシールのPAM00380も40万円以上という中古価格。

PAM00380は、2004年にデビューしたブラックシールの「OPロゴ」有りバージョンとして2011年にデビュー。

ルミノールベースの「OPロゴ」PAM00000に対応するラジオミールといった存在ですが、現在はどちらのOPロゴモデルも安値な状況です。

オフィチーネパネライラジオミールPAM00380の価格比較

時計名 状態 2014年6月の安値(ヤフオク) 期間 2017年11月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
オフィチーネパネライ
ラジオミール
PAM00380
中古 ¥428,000 3年 ¥344,700 -83,300 80.54%
ブラックシールは値下がり中、オフィチ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -