腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

身近になったラジオミールクロノグラフ、パネライPAM00214

2000年代前半までのラジオミールといえば、パネライにおける高級ラインという役割を担っていました。

通常販売されるモデルには、ゼニス製ムーブメントが搭載され、ケースもPGやWGでした。

そして、クロノグラフモデルとなると、レアな限定モデルしか存在せず、デッドストックムーブメントなどが搭載されるということもあり、希少で高価なモデルという印象がありました。

それが2005年になると、通常モデルにもクロノグラフが登場し、ラジオミールのクロノグラフという存在は、以前ほど雲の上感がなくなりました。

ただ、その際登場した通常ラインナップは、クロノグラフといってもスプリットセコンドという“高そうな”クロノグラフが搭載。

「ラトラパンテ」と名付けられていますが、これは90年代に存在したブルガリのスプリットセコンドクロノグラフにも、採用されていたことがあります。

最近では、IWCブライトリングなどでも「ラトラパンテ」という名称の採用がありますが、2005年当時の印象としては、より高級という印象が強かったように思います。

ブルガリのラトラパンテは、トゥールビヨンなどと同じ「特殊な高級キャラクター」という趣旨を感じられ、とても高価という印象がありました。同じイタリアのブランドであるパネライにも同様の「ラトラパンテ」という名称が採用され、さらに当時高級シリーズという印象が強かったラジオミールへの採用だったこともあり、かなりな高級モデルというキャラクターだったのではないでしょうか。

また、ラジオミールのクロノグラフは、限定モデル時代から「2つ目」の採用が基本となっており、とても格好良いと評判だったように思います。パテックフィリップの5125でおなじみの、WEMPEも2つ目クロノグラフのラジオミール限定モデルを出しているため、やはり人気のデザインという印象になります。

そして、このラジオミールの「ラトラパンテ」PAM00214は、2007年をもって生産終了となっているため、比較的生産年の短いモデルでもあります。

そのためPAM00214は、今なお高い中古相場であるのかと思うところです。

しかし、実はこのモデル、2015年と比較して値下がり傾向であるのです。

オフィチーネパネライラジオミールクロノグラフPAM00214の価格比較

時計名 状態 2015年6月の安値(ヤフオク) 期間 2018年7月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
オフィチーネパネライ
ラジオミール
クロノグラフ
PAM00214
中古 ¥750,000 3年 ¥549,720 -200,280 73.30%
身近になったラジオミールクロノグラフ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -