腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

回復傾向となっている、サブマリーナ16610LV

2003年に登場した初代緑サブ。それまで、サブマリーナのSSモデルといえば、黒ベゼルのみであり、カラーベゼルはコンビ以上という常識がありました。

ですから、SSモデルへのカラーベゼル投入はかなりな意外性があったため、緑サブの相場は当然高い水準となったわけです。

当時も今も、16610LVの水準は青サブ以上だといえますが、デイトナ以外のモデルでは、SS相場がコンビを超えるということはそれまでありませんでした。そのため、緑サブは割高と感じた記憶があります。

しかしながら、16610LV人気はデビュー以降も継続しており、年々人気が上昇している印象。また、16610LVには、様々なレア要素があり、特にそういった傾向は初期世代に多い傾向があります。

ですから、2003年に割高と思っても買っていたならば大正解だったといえるわけなのですが、そういったことは、実はこの数年にもいえるのです。

なぜなら、2016年まで100万円以下という水準だった16610LVは、今ではボトム価格が140万円台という水準。ずいぶんな上昇となっているわけです。

しかしながら、これは2019年上半期のピーク時より安い水準。2019年といえば、上半期にかなり目立った上昇だった反面、夏頃から値下がりが目立っていましたが、この16610LVも7月の150万円台という水準をピークに値下がりしていたのです。

ただ、10月には下げ止まりな印象となっており、その際は130万円台といったところでした。

そして、今では140万円台にまで回復。他のロレックス同様、2020年の今、きちんと回復傾向となっているのです。

ロレックスサブマリーナ16610LVの価格比較

時計名 状態 2019年10月の安値(楽天) 期間 2020年2月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
サブマリーナ
16610LV
中古 ¥1,393,590 0年 ¥1,480,000 86,410 106.20%
回復傾向となっている、サブマリーナ1…の次ページを見る>>
1 2
- PR -