腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」
初めての方へ 腕時計を探す 腕時計投資新聞
2017年2月1日更新

角型モデルはお買い得、パテックフィリップゴンドーロ5111G

角型+金無垢の腕時計といえば、一番先にイメージするのはジャガールクルトのレベルソではないでしょうか。

角型の腕時計って数がありそうに見えますが、実際はそこまで多くなく、特に角型+金無垢となると、レベルソやタンクアメリカンあたりが伝統ある有名モデルだと思います。

パテックフィリップという強いブランドであるにもかかわらず、角型セグメントの「ゴンドーロ」が強い人気モデルとなっていない理由は、実はゴンドーロというモデルの歴史に関連しているかもしれません。

一見、歴史あるモデルにも見えなくないゴンドーロですが、登場したのは1993年と以外にも新しい部類。

とはいえ、同じく90年代にデビューしたアクアノートは人気モデルとなっているため、新しいシリーズだからといって弱いモデルという理由にはならないかもしれません。

しかし、アクアノートのような“パテックフィリップ初のカジュアルスポーツ”という分かりやすいキャラクターとは異なり、フォーマル系であるゴンドーロの事情はアクアノートと異なると思います。

もう一つ考えられるのは、パテックフィリップのテコ入れが終わっていないという可能性。

ノーチラスといえば、現在は大人気モデルとして有名ですが、1970年代にデビューしてから約30年経った2000年頃において、パッとしないモデルという扱いだったのです。

そして、ノーチラスが人気となるまでに、パテックフィリップはパワリザモデルを作ったり、裏スケ化をするなどの試行錯誤を行っているのです。

よって、ゴンドーロというシリーズにおいては、まだまだ試行錯誤の途中ととることもできます。

ただしゴンドーロ、実は2000年代前半にテコ入れがされており、ベーシックモデルのデザイン変更と10デイズというグランドコンプリケーションの導入をしています。

その際、10デイズについてはかなりインパクトがあり「すごいモデル」という印象をユーザーに与えることに成功したのですが、通常モデルについてはそこまで話題とはなりませんでした。

そして、その際新しいデザインとなったゴンドーロは、今では90年代にあったモデルと似たようなデザインに戻っているのです。

しかしこの2000年代前半にモダンな方向となったモデル、当時も今も人気がないのですが、なかなか魅力的だと思います。

そしてパテックフィリップが全体的に高い今において、比較的新し目のモデルであるにも関わらず約130万円という相場なのです。

パテックフィリップゴンドーロ5111Gの相場比較

時計名 状態 2016年春頃の安値(タイムトンネル) 所有期間 2017年1月の安値(楽天) 値上がりした額 利回り
パテックフィリップ
ゴンドーロ
5111G
中古 ¥1,199,800 1年 ¥1,300,000 ¥100,200 8.35%
角型モデルはお買い得、パテックフィリ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -