腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

常識は変化する、ロレックスサブマリーナ114060

サブマリーナのノンデイトという存在は、5桁時代において最も安く買えたスポーツロレックスでした。

ロレックスブームだった2000年頃、他のスポーツロレックス30万円(税別)以上だったのに対し、1406030万円を切る新品実勢価格という存在だったのです。

14060が、5桁時代のスポーツロレックスとしては唯一ノンクロノメーターだったという点からも、“安い存在”というのは特に違和感がない印象でした。

ただし、その頃14060は廉価なスポーツロレックスという印象ではなく、どちらかいうと玄人向けのモデルというイメージ。売られている姿を目にする機会もデイトの16610と比べると少なかった時計です。

14060M時代にクロノメーター化されてからは、新品実勢価格がエクスプローラー114270より高くなり、最安のスポロレではなくなりましたが、それでも下から2番目に安いポジション。2007年は全体的に時計が値上がりしており、16610の新品実勢価格は50万円以上という水準でも違和感がない時代。その頃において14060M30万円台後半という新品実勢価格だったのです。

そして2012年、ノンデイトのサブマリーナは6桁へとモデルチェンジし、その新品実勢価格は50万円以上という水準まで上昇したのです。

そのため、『かなり高くなった』という印象になるのは自然。

しかし、その後114060はきちんと値上がりし、デビューしたての新品実勢価格より数年後の中古相場のほうが高いという現象が起こりました。

そして今ではさらに値上がり状態。

114060の中古価格は、数ヶ月前まで60万円台という水準でしたが、今では70万円台半ばという相場まで上昇しているのです。

ロレックスサブマリーナ114060の価格比較

時計名 状態 2017年3月の安値(楽天) 期間 2017年11月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
サブマリーナ
114060
中古 ¥685,800 0年 ¥748,000 62,200 109.07%
常識は変化する、ロレックスサブマリー…の次ページを見る>>
1 2
- PR -