腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

日本限定はとても上昇、ロレックスターノグラフ116263

回転ベゼルといえば、主にスポーツモデルに採用されるモノという印象がありますが、以前からデイトジャストには“回転ベゼル付き”のモデルが存在していました。

ロレックスブームだった2000年前後に回転ベゼルのデイトジャストとして販売されていたのは「サンダーバード」だったのですが、2004年にモデルチェンジされた際に「ターノグラフ」へと変化しました。

「ターノグラフ」という名称は50年ぶりに復活した名称と言われていましたが、2004年頃においては「サンダーバード」という名前のほうが親しみがあったため、若干混乱した方もいたかもしれません。

サンダーバード時代から主に変化したのは、文字盤上に「TURN-O-GRAPH」と記載されている点など多岐にわたります。

デイト表記と針の色は「赤」となっており、通常のデイトジャストとは明らかに違うという印象です。

特にデイト表記の「赤」は、1950年代頃までに製造されていたモデル以来、久々に採用されたモノだと思います。ただ当時のモデルは、奇数だけが「赤」となっておりターノグラフとは異なります。

ロレックスとしては何かと「特別仕様」が多いターノグラフですが、その特別要素が多すぎてデビュー当時の印象としては若干「お腹いっぱい」ともとれる側面もあったことでしょう。そのため、2004年にデビューしてから10年程度で生産終了となっており、比較的不人気というキャラクターである模様です。

2004年のデビューというように、6桁世代の幕開けを飾るモデルだったのですが、イレギュラーな内容が逆にロレックスらしく無いともいえ、さらにデビュー当時は多くの人が6桁世代に慣れていなかった状況であったため、より一層理解されにくかったのだと思います。

そんな何かと特別感の強いターノグラフですが、実はさらに特別なモデルが存在。

それが、2011年頃に登場した日本限定モデルなのですが、針とデイト表示が「緑」となっているのです。

特にデイト表記の「緑」は他に採用事例がなく、ロレックスとしてはかなりレアなポイント。

それでいて、限定数も少なかった時計ですから、意外性と希少性の塊のような存在です。

そのためかこの日本限定モデルは、ターノグラフとしても、その他のデイトジャストと比較しても、類を見ないほど高くなっているのです。

ロレックスターノグラフ日本限定白文字盤116263の相場比較

時計名 状態 2013年5月の安値(ヤフオク) 所有期間 2018年1月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
ターノグラフ
日本限定
白文字盤
116263
中古 ¥732,900 4年 ¥1,218,000 485,100 166.19%
日本限定はとても上昇、ロレックスター…の次ページを見る>>
1 2
- PR -