腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

3ヶ月で8万円以上上昇、デイトナ116500LN白文字盤

2016年に登場した116500LNは、2000年に登場した116520以来、16年ぶりにモデルチェンジされたデイトナのステンレスモデルです。

「ステンレスのデイトナ」という存在は、16520の時代から20年以上渡り正規店では入手困難なプレミア価格モデルというポジションを維持しています。

2000年に116520が登場した頃にはロレックスブームだったため、デビュー当初からかなりなプレミア価格となっていました。

16520が登場した時代にはコンビニに時計雑誌が売っているということはなかったでしょうが、2000年頃にはデビューしたばかりの116520を表紙とする雑誌がコンビニに並んでいました。

16520が入手困難になったのはデビューしてから数年後である反面、116520はデビュー当初から入手困難なモデルだったのです。

デビュー当初のモデルは価格が高いという傾向がありますが、それに加えて入手困難なわけですから、2000年頃の116520「かなり割高」と感じられる価格でした。

最近、やっと2000年頃の新品実勢価格を中古が超えたものの、これまで約16年間に渡って116520はデビューした時期が最も高かったのです。

そして、2000年頃よりも高級腕時計が高い現在、当時よりも時計ファンはさらに増えていると推測でき、116500LNのデビューという出来事は116520の時より、さらに注目度が高いといえるでしょう。

そのため、116500LNの価格は116520のように、デビューした2016年の新品実勢価格が最も高いはずなのです。

しかし、デビューしてからそろそろ2年が経過しようとしている2018年1月の今、依然として116500LNは高くなり続けているのです。

ロレックスデイトナ白文字盤116500LNの価格比較

時計名 状態 2017年10月の安値(楽天) 期間 2018年1月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
デイトナ
白文字盤
116500LN
中古 ¥2,157,840 0年 ¥2,246,400 88,560 104.10%
3ヶ月で8万円以上上昇、デイトナ11…の次ページを見る>>
1 2
- PR -