腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

99年から続く長寿モデル、パネライPAM00048

1999年に初の40mmパネライとして登場したPAM00048。同時に白文字盤も登場し、各文字盤色には革ベルトとブレスレットモデルが存在します。

これら40mmモデルが登場するまでパネライのラインナップは44mmが中心で、用意されるムーブメントも手巻きが多数派となっていました。

『44mm+手巻き』という内容はプレヴァンドーム時代の構成であり、最もパネライらしい存在です。

ただ90年代後半という時代において、手巻き+44mmという内容は、現在よりも理解されない傾向がありました。

そのため、パネライのキャラクターを活かしつつも、他の高級腕時計の構成として一般的な『40mm+自動巻』という内容で登場したのがPAM00048を始めとする40mmパネライだったのです。

40mmパネライという存在は見事に市場に受け入れられ、パネライブームが起こるきっかけとなったほど。

特に日本では2002年のパネライブーム直前に、ブレスレットのPAM00050が注目されていました。

そんな40mmパネライですが、今となっては殆どのモデルが生産終了。ブレスレットモデルは既にラインナップから無い状況です。

しかし、このPAM00048だけは残っており、1999年からモデルチェンジされること無く、今でも現行モデルとしてラインナップ。

途中、文字盤にはマイナーチェンジが施され、当初は「PANERAI」とのみ記載されていた下段部分には、「Automatic」という表記が追加されています。

そんなPAM00048ですが、現在の相場は40万円台半ば

ちょうど1年前まで30万円台後半で購入可能だったのが、高くなっています。

オフィチーネパネライルミノールマリーナPAM00048の価格比較

時計名 状態 2017年1月の安値(楽天) 期間 2018年1月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
オフィチーネパネライ
ルミノールマリーナ
PAM00048
中古 ¥388,800 1年 ¥448,000 59,200 115.23%
99年から続く長寿モデル、パネライP…の次ページを見る>>
1 2
- PR -