腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

88番や90番とは違う値動き、パネライサブマーシブルPAM00024

新生パネライとしてA番が始まったのは1998年ですが、その98年から20年に渡り現行モデルとして君臨するのがPAM00024です。

正確には2017年頃からPAM01024となっているため、モデルチェンジされたともいえるのですが、ほぼ変更がなされていないため、事実上の長寿モデルだといえるでしょう。

このPAM01xxxという型番は、PAM00088PAM00090にも当てはまり、現在88番や90番はPAM010XXとPAM000XXが併売されている状況です。

パネライには長寿モデルがいくつかありますが、モデルチェンジがされていないという観点では1998年に登場したPAM00024がもっとも古いモデルということになります。

長期間に渡りモデルチェンジされない存在といえば、ロレックスがその筆頭として思い浮かびますが、このPAM00024も20年に渡り同一デザインでラインナップされている長寿モデルなのです。

ちなみにフランクミュラーカサブランカも90年代前半から続く長寿モデル。

2002年に“ポストロレックス”として登場したパネライとフランクミュラーは、「長寿モデルが存在する」という点がロレックスと共通しているというのは興味深い点だと思います。

サブマーシブルという存在は、パネライのダイバーズウォッチを担うモデル。

「回転ベゼル」という他のパネライにはない要素を備え、標準でラバーベルトが装着されています。

それらは「いかにもダイバーズ」という良い視覚効果をもたらすのですが、意外にも他のパネライと防水性能は変わりません。

サブマーシブルの防水性能は300mですから、ダイバーズウォッチとしては合格ライン。しかし、当時ラインナップされていたパネライは、クロノグラフとラジオミールを除く、基本ラインナップの全てが300m防水だったため、特別感が無かったのです。

また、2000年代前半のパネライは交換用のラバーベルトが標準で付いたため、ラバーベルトという要素も珍しくはありません。

よってサブマーシブルは、他のブランドと比べると立派なダイバーズであるものの、パネライとしてはもう少し差別化してほしいともとれる内容だともいえます。

とはいえ、2000年代前半のパネライが、

  • ほぼ全てのモデルが300m防水
  • 44mm手巻きモデルは交換用ラバーベルトが標準装備
  • というように、至れり尽くせりだったともいえるのです。

    当時の標準的なルミノールと要素自体を比較すると意外にも差が少ないサブマーシブルですが、はやり「パネライのダイバーズ」という特別感は大きな差であるのです。

    そのため、サブマーシブルの人気は高く、2016年5月から1年半少しの期間で7万円以上高くなっています。

    オフィチーネパネライサブマーシブルPAM00024の価格比較

    時計名 状態 2016年5月の安値(楽天) 期間 2018年2月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
    オフィチーネパネライ
    サブマーシブル
    PAM00024
    中古 ¥429,840 1年 ¥503,000 73,160 117.02%
    88番や90番とは違う値動き、パネラ…の次ページを見る>>
    1 2
    - PR -