腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

値下がり傾向となっている、パシャN950クロノグラフW3105155

38mmという数値に対して、今では「大きい」と感じないかもしれません。

ただ、かつては「パシャ38mm」といえば最も大きいパシャであり、パシャにおける最高級を担う存在でした。

パシャ38mmにはステンレスから金無垢モデルまで存在しますが、2000年代前半において最も安かったステンレスモデル(ブレスレットタイプ)でも、その実勢価格は40万円台という価格帯。

その時期、サブマリーナの1661030万円台後半という新品実勢価格でしたから、パシャ38mmがいかに高級なシリーズだったということが分かります。

そんなパシャ38mmに新作として2001年に登場したのが「N950」というシリーズ。

「950」といえば「K18」に対するプラチナの値として有名な値ですが、この「N950」もプラチナを示しています。

ただ、プラチナといっても採用されているのはベゼルの部分であり、ヨットマスターロレジウムに影響された「豪華なステンレスモデル」という存在です。

そんなN950には、プラチナベゼル以外にも特別なポイントが存在するのですが、それは黒文字盤が採用されているという点です。

パシャ38mmの文字盤は基本的には白系がメインで、黒文字盤はN950以外にはほぼ採用がないと思います。

また、N950の黒文字盤ではアラビア数字の部分がアプライド仕様となっていますが、当時のパシャ38mmではアプライド仕様は金無垢モデル以上で、YGコンビでもアプライドではありませんでした。

ですから、N950は文字盤のインデックスに焦点を当てても「特別なモデル」だと感じることができます。

そのせいか、N950はデビュー当初から近年までパシャ38mmの中で「なかなか高い」という価格帯に位置。

N950には、3針グリッド、GMTパワリザ、クロノグラフの3つがあるのですが、いずれもSSブレスレットモデルより10万円近く高いという傾向がありました。

パシャ38mmには革ベルトとブレスレットタイプが両方用意されている傾向がありますが、ブレスレットのほうが価格は高め。N950には革ベルトタイプしか存在しないのですが、革ベルトのN950とブレスレットのSSを比較しても10万円程度の価格差があった状況でした。

しかし、そのように人気の高かったN950という存在は、近年値下がり傾向が続いています。

2016年時点では2009年より約9万円安くなっている状況。

そして、2016年から2年経った2018年の今、さらに約6万円安くなっている様子です。

カルティエパシャ38mmW3105155の価格比較

時計名 状態 2016年5月の安値(楽天) 期間 2018年6月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
カルティエ
パシャ38mm
W3105155
中古 ¥402,000 2年 ¥338,000 -64,000 84.08%
値下がり傾向となっている、パシャN9…の次ページを見る>>
1 2
- PR -