腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

さらに上昇、デイデイト2 アイスブルー文字盤218206

デイデイトのアイスブルー文字盤は、プラチナ専用であり、かなり高級な存在という印象があります。

アイスブルー文字盤がメジャーになったのは2000年にデビューした118206の時代で、2000年代前半の段階で知名度があったといえます。

当時は、スポーツロレックスに大きな注目が集まっており、スポーツモデル以外に対して特に注目度が高い存在はなかったといえます。そういった中、デイデイトのアイスブルー文字盤だけは非スポーツロレックスでありながら、注目度が高く、「買えないけど欲しい」というように憧れていた人が多かったと感じます。

「憧れられるロレックスという存在の代名詞はデイトナだといえ、2000年代におけるそれはWGという存在だったといえるでしょう。アイスブルー文字盤のデイデイトは、そのWGデイトナ同じような注目度だったといえます。

今となっては、アイスブルーといえばプラチナロレックス全体に設定される傾向があり、デイトナにもアイスブルーが存在します。しかし、2000年代前半まではデイデイト118206の専用色という印象が強かったといえます。

それが2008年、デイデイトには「2」が登場し、その218206にもアイスブルー文字盤が設定。

それ以降は、アイスブルーといえばデイデイト2のインパクトのほうが強くなったといえるかもしれません。

36mmという118206に対して、デイデイト2は41mmという大きなサイズが採用されています。

大きいサイズのほうが実勢価格が高い傾向がありますが、まさにデイデイト2はその例に該当し、同じプラチナでも118206よりかなり高いという存在となっています。

2016年12月の段階では、448万円という水準だったのですが、2017年6月では118206のアイスブルー文字盤が約279万円という水準でした。

36mmと41mmの違いで169万円ほど218206のほうが高かったため、かなり割高という印象があったように感じます。

しかし、その後デイデイト2のほうはきちんと上昇。

2016年から1年後の2017年12月の段階では20万円上昇し、468万円に到達。

そして、2018年9月の今では、さらに20万円上昇し、488万円という水準になっているのです。

ロレックスデイデイト2アイスブルーローマン218206の価格比較

時計名 状態 2017年12月の安値(楽天) 期間 2018年9月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
デイデイト2
アイスブルーローマン
218206
中古 ¥4,680,000 0年 ¥4,880,000 200,000 104.27%
さらに上昇、デイデイト2 アイスブル…の次ページを見る>>
1 2
- PR -