腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

また値動きした、ロイヤルオーク15400ST.OO.1220ST.02

ロイヤルオークといえば、ノーチラスと同じジェラルド・ジェンタがデザインした腕時計として有名ですが、「ジェンタ+雲上」の元祖といえる存在です。

2000年代前半から、ノーチラスと比較して実勢価格は安い傾向があるロイヤルオークですが、2017年からはノーチラスが派手な値動きとなったため、以前よりさらに“比較対象”でなくなったという印象があります。

ちなみに、ロイヤルオークには3針といったシンプルなモデルでも、複数のモデルが展開。ノーチラス5711/1Aのライバルとなるモデルはどれか、という問に対して、説明すると長くなるので、詳細は以前の記事を御覧いただきたいのですが、この15400ST5711/1Aのライバルといえる存在です。

そんな15400STというモデルは、ノーチラスと比較して中古相場が安いだけでなく、あまり値動きしない傾向があったといえます。

しかし、2018年からこの15400STの値動きは目立っている状況です。

2016年まで120万円台だったこの15400STですが、今年2018年1月には170万円台という水準にまで上昇。

その際、値動きした額は約48万円だったため、次の値動きまでは時間がかかるかとも思いきや、7月には180万円台となったのです。その頃値動きしたのは、この15400STに限らずで、2018年夏という時期は、ロイヤルオークにおいて多くのモデルが目立った値動きとなっていました。

さて、そんな15400STという存在ですが、7月から4ヶ月経った今、また値動きをしている様子があります。

この15400ST4ヶ月で約11万円の値上がりとなっており、現在では190万円台という水準になっているのです。

オーデマピゲロイヤルオーク15400ST.OO.1220ST.02の価格比較

時計名 状態 2018年7月の安値(楽天) 期間 2018年11月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
オーデマピゲ
ロイヤルオーク
15400ST.OO.1220ST.02
中古 ¥1,835,460 0年 ¥1,948,000 112,540 106.13%
また値動きした、ロイヤルオーク154…の次ページを見る>>
1 2
- PR -