腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

13万円の値下がり、15400ST.OO.1220ST.02

近頃、値上がりが目立っているロイヤルオークの3針モデル。

その筆頭格こそ、15400STだといえるのですが、2018年から目立った値上がり傾向となっています。

筆者としては、数ある15400STの中でも、特に銀文字盤(15400ST.OO.1220ST.02)の相場を気にしているのですが、2016年まで120万円台だったこの時計は、2019年7月には270万円台という水準にまで上昇していました。

しかし、そんな15400ST.OO.1220ST.02は、それから1ヶ月が経過した今、これまでの値上がりから反転、値下がり傾向となってしまっているのです。

近頃、人気現行世代のスポーツロレックスで値下がりが目立っている印象ですが、この15400STの値動きもロレックスに近いと感じます。

15400ST.OO.1220ST.02は、2018年11月の段階で約194万円という水準だったのが、2019年5月には約241万円、7月には278万円へと上昇。

けれども、8月現在では265万円という水準に下落しており、1ヶ月で13万円の値下がりとなっているのです。

ここで興味深いのは、この値下がりした水準であるのですが、これはまさにロレックス同様「2019年のピーク時から下がった」という動き。

2019年上半期にピークを迎え、その水準から下がったものの、2018年の水準にまでは下落していないというこのロイヤルオークの値動きは、まさにロレックスと共通しているといえるのです。

同じ人気モデルでも、パテックフィリップの人気モデルの多くは、未だ値上がりが目立っているのに対し、ロイヤルオークの動きはロレックス同様という点は、とても興味深いといえます。

オーデマピゲロイヤルオーク15400ST.OO.1220ST.02の価格比較

時計名 状態 2019年7月の安値(楽天) 期間 2019年8月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
オーデマピゲ
ロイヤルオーク
15400ST.OO.1220ST.02
中古 ¥2,780,000 0年 ¥2,650,000 -130,000 95.32%
13万円の値下がり、15400ST.…の次ページを見る>>
1 2
- PR -