腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

230万円台になった、カラトラバ5107J

2000年代前半に現行モデルとしてラインナップされていたカラトラバ5107シリーズ。

3色の金素材とプラチナが用意されており、プラチナのみが黒文字盤となっています。

現行としてラインナップされていた当時は、特に人気という印象はなく、むしろリューズガード風なデザインに否定的な人のほうが目立っていたように感じます。

しかし、この数年において、この5107はこの世代のカラトラバとしては相対的に高い価格帯に位置し、現行時からは考えられないほどの評価となっています。

リーマンショック後の2009年9月という時期に約108万円だったこの5107Jは、2016年6月時点では216万円にまで上昇。

ただ、2016年11月には他の多くの腕時計が値下がりしたのと同様、約187万円にまで下落していました。

そんな5107Jですが、2019年2月現在はどのような水準となっているかというと、230万円台となっており、2016年6月を上回る水準となっているのです。

パテックフィリップカラトラバ5107J-001の価格比較

時計名 状態 2016年11月の安値(楽天) 期間 2019年2月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
パテックフィリップ
カラトラバ
5107J-001
中古 ¥1,879,500 2年 ¥2,325,000 445,500 123.70%
230万円台になった、カラトラバ51…の次ページを見る>>
1 2
- PR -